なぜ「やりたいことしかやっちゃダメ」なのか?

 

こんにちは、おもちべです。
 
 
先日、部屋を片付けていたら
ある一冊の本を見つけました。
 
 
それは、高校を卒業するとき、
友人のSくんからもらった本でした。
 
 
 
Sくんとは普段から特別、
親しくしているというわけではなかったのだけど、
 

  
当時、
彼はひねくれた映画を、僕はひねくれた音楽を、
各々作っていたこともあって、
お互いにシンパシーを感じていたのだと思います。
 
 
彼がくれた本の、
内容そのものはあまり記憶に残っていなかったのですが(笑)、
 
 
最後の白紙のページに書かれていた
彼からの手書きのメッセージだけは
強く、記憶に残っていました。
 
 
 
『人間、やりたいことしかやっちゃダメだと思うんで、
きみも過剰に生きてくれ。』
 

 
当時は、
「かっこいいこと言うなぁ。俺もがんばろ!」
程度にしか思っていませんでしたが、
 
  
今、改めて読んでみると
彼は、なんて深い洞察に達していたんだと
驚嘆せざるを得ませんでした。
 
 
なぜなら、彼のこの言葉は、心理学的な観点からみても
“真理”と言えることだからです。
 
 

「やりたくないこと」をやるのはコスパが悪い

 
人間は、やりたくないことをやるためには、
克己心(セルフコントロール)を働かせて、
無理矢理自分を動かす必要があります。
 
 
そして、セルフコントロールをするには、
有限な脳のエネルギーを消費する必要がある。
  
 
 
「好きこそものの上手なれ」って言いますけど、
好きなことと、好きじゃないことをやるのでは、
上達の度合いが変わりますよね。
 
  
これっていうのは、
 
前者では、
セルフコントロールにエネルギーを使わずに済む分、
活動そのものに使えるのに対し、

 
  
後者は、まず「やりたくない気持ち」に打ち勝って、
活動を始める(エンジンをかける)ことに、
エネルギーを大きく消耗してしまう。

 
 
 
好きなことを努力するなら、
エネルギーをロスすることなく
腕を磨いていける、ということなんです。

  
 
  
そのうえ、
好きじゃないことをやるのでは、
活動中も嫌な気持ちしか起こらないかもしれませんが、

 
好きなことをやっているのなら、
活動そのものがご褒美であり、幸福なわけです。

  
 
  
つまり、人間として幸福に生きるには、
好きなことをやるのがベストなのです。

 
 
 
だけど、
 
いくら「やりたいこと」をやっていたとしても、
飯を食っていけないならば、

 
『アリとキリギリス』の中の、
キリギリスのように、
ただの怠惰な人とみなされて死んでいくだけ。

 
 
 
だから
 
『やりたいことだけをやれ。
(ただし、過剰にやらなくてはならない。)』

 
ということになるのです。

 
 
 
高校生にして、
しかも心理学など専門的に学んだわけでもないであろう
彼がこれほどのことに気づいていたのは、
 
 
きっと一人の映画監督として、
どこまでも細かく
人間を観察し、理解しようとしてきたからなのだと思います。

 
 
 
Sくんは現在、何をしているのか。
しばらく連絡は取り合っていないので、
詳しいことはわかりません。

 
 
 
だけど、
 
どんな道に進んだとしても、
彼はきっとやりたいこと「しか」やらずに、
成長して、幸せになっていくんだろうな
 
なんて思いながら、
そっと、彼から貰った本を閉じました。

 

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です