脱・三日坊主ブロガー!心理学ヲタがブログを続ける秘訣について語ってみた

最近文章を書くのが楽しい。
ほんとに楽しい。
 
楽しいから今までにないペースで文章を書いている。
(のは以前からブログを読んでくださってるかたはお気づきでしょう笑)
 
 
で、2年とかだらだらブログを書いてきて
どうしていま急にこんなペースをあげることができてるのか?
 
というと、
 
まぁ色々要因はあるわけですが、
(転職して時間ができたからとか)
 
 
僕のなかで
文章を書くという行為のハードルが下がった
ということが大きいんですよね。
 
 
 
前はもっとちゃんと書かなきゃと思ってたから逆に書けなかった。
完璧主義のワナにハマっていた。
 
でもそこを抜けたら楽に書けるようになったし
楽しく続けられるようになりました。
 
 
 
というわけで今回のテーマは
「ブログ継続のための“クソ記事量産”のすすめ」です。笑
 
 
もちろん、ブログ書いてない人にも役立つ話をするつもりっす。

ブログ更新のモチベーションを保つ秘訣

 
 
最近の僕のブログを読んでいただくとわかるかと思いますけど
 
かなりてきとーです。笑
 
 
いや、内容については真剣に考えて書いてますし、
読者さんを間違った方向に導くようなことは極力ないように
ちゃんとできうる限りの検証が済んだ内容を発信しようと心がけています。
 
 
それは以前から変わってません。
 
 
が、僕のなかでのブログの捉え方が
だいぶてきとーになってきたのです。笑
 
 
 
以前は「ブログの記事ひとつひとつが”教材”だ」
くらいの気持ちで書いていたのが、
 
「いや、自分のブログだし何書いてもいいんじゃね?」
という気持ちになり、
 
 
「文体とかもしっかり統一せねば」
と思ってたのが、
 
「別に普段話してるみたいなかんじでもいいんじゃね?」
と思うようになったよね。笑
 
 
 
別に、俺が書いてるのはブログだし。
教科書を作ってるわけじゃない。
 
 
 
“やる気のトリセツ”となるようなメディアにしようとは思ってるけど、
本当にガチで説明書みたいな文章だったら誰も読みたくないじゃん?
 
 
説明書なんて2秒で閉じるし、気づいたら捨てちゃってるじゃん?
(捨てねーか?笑)
 
 
 
“やる気が出ない問題”と格闘してきた、
ひとりのただの人間として
 
 
思ったことや言いたいことを好きなように発信するだけで
誰かの勇気になったりするんじゃねーか?と。

 
 
 
俺にとってブログはそーゆー存在でいいや。
 
 
と思うようになったわけ。
 
そしたらどんどん書けるようになった。
 
 
(ちなみにメール講座の方はもうちょっと
“教材としての学びやすさ”にフォーカスしてます。
なので書くのが遅いです。全然最新号がでませんが許してください。笑
箸休めにブログでも読んでコメントでもください。笑)
 
 
 
 
結果として僕の文章の質がどうなったのかはわからないけど。
(わからないからおしえてほしいのだけど。感想くださいね笑)
 
 
ただ、仮にブログが以前よりクソになったと思われたとしても、
たくさん書いてればいずれ文章なんてものは上手くなるので、
それで全然いいかな、元が取れるかなと思います。
 
 
先行投資としてのクソ記事だよ、うん。
 
 
今の読者さんが離れたとしても、
未来の読者さんのためになるだろう。
 
 

てきとーだとブログを継続できる理由

 
 
なぜてきとーになったらガンガンブログが書けるようになったのか?
というと、最初にも言った通り
 
 
“行為のハードル”が下がったからなのです。
以前の記事も参考にどうぞ)
 
 
 
“行為のハードル”っていうのは
何かをすることに対する心理的なハードル
のことなんですけど。
 
 
 
「行為のハードルが高いこと」ってのは
平たく言えば「あまりやりたくはないこと」なわけですから、
 
 
それにとりかかるためには
セルフコントロール(意思の力を使って自分を動かすこと)
が必要になってきます。
 
 
で、セルフコントロールをすると
そこで人はエネルギーを使ってしまうので、
 
実際にその行為をしはじめたとしても
集中しづらかったり、長くは続けられなかったりするわけです。
 
 
嫌いなことをやるとドッと疲れた感じがするのはそのためです。
(こーゆーのを”自我消耗”といいます。
これについて調べた実験もどっかで紹介したいなー。)
 
 
 
逆に好きなことだったら、
それをするのにセルフコントロールが必要ない。
 
だから人よりエネルギーのリソースにも余裕があるし、
集中できる(=高い精度でできる)し、長い時間続けられる。
 
 
「好きこそものの上手なれ」は
こーゆーメカニズムで実現されるわけです。
 
 
 
ちょっと脱線したぜ。(オタ魂に火がついてしまった)
 

ブロガーを殺す完璧主義のワナ

 
 
で、話を戻してですな。
 
 
つまり、僕は自分にとっての
「ブログ執筆という行為」の難易度、ハードルを下げたわけです。
 
 
 
ハードモードからベリーイージーまで下げた。
 
ハードルを下げたから、セルフコントロールがいらなくなった。
 
 
簡単になったから、できる。
 
 
それだけのことなのです。
 
 
 
 
ハードモードだったときは
 
 
統一された文体で
読んだ人が理解しやすい構成で
科学的根拠もばっちりあって
実践すれば人生が変わって
 
みたいな基準があった。
 
 
 
で、
 
これくらいちゃんとした文章を書かなければブログではない!許さんぞ!
 
 
と思ってた。
 
いわゆる完璧主義ですな。
 
 
 
でもこんな基準は僕にとっては
ベリーベリーハードでしかなかったんですよ。
 
いや、今考えても無理だろふつーに。笑
 
 
 
そりゃあ何ヶ月も更新止まるわって話ですよ、まったく。
  ベリーにハードだからライティングがストップしたんですよ。
 
  
 
多くのブログが続けられない人、
3日坊主ブロガーさんたちってのも
 
多かれ少なかれ、
この完璧主義のワナにハマってるんじゃないかと思うわけです。
 
 
 
あの人みたいに深イイ文章を書かなきゃ
あの人みたいにきれいな画像のせなきゃ

あの人みたいにちゃんと毎日更新しなきゃ
 
 
みたいな思いが根底にあって、
それが行為のハードルをあげている。
 
 
 
行為のハードルがあがってるから、
セルフコントロールが必要になる。
 
 
セルフコントロールにエネルギー使っちゃってるから
ブログ書くのすげー大変(より難易度があがっちゃう)。
 
 
すげー大変だから更新が止まる。
そんでいつのまにかブログが消滅する。
 
 
 
 
そうやって僕もいくつかブログを潰してきたのでよくわかります。
 
 
 
だから、理由はなんであれ
ブログを続けたいという思いがあるのなら、
 
 
とにかく完璧主義を手放す
行為のハードルを下げることをおすすめするよ。
 

みんな、もっとクソ記事を書こうよ!

 
 
 
でも本物の、筋金入りの完璧主義の人って
「完璧主義やめようね」ではやめられないんですよね。
 
 
それもわかります。
僕も完璧主義でしたから。
 
 
 
 
完璧でなくてはならない。
まちがったことを言ってはいけない。
 
みたいな信念が深〜く根っこのほうに強くあるから、
そんな簡単に手放せるもんではないのです。
 
 
(あ〜完璧主義が形成されるメカニズムについても語りたい。
精神分析学の理論を使って語りたいのだけど、長くなりすぎるので
またの機会に書きますね。ぼんやり期待だけして待っててください。笑)
 
 
 
だから、
先行投資と思ってクソ記事を書く
 
という努力が必要なのかな、と思うのです。笑
 
 
 
そうです。努力なんですよ。
完璧主義の人にとってクソ記事を書くというのは。笑
 
 
 
 
でも、そうして行為のハードルを下げないことには
コンスタントに書けないですから、
結果的に実力も伸びないわけじゃないですか。
 
それではあなたが思う「完璧」にも近づいていけないんだよ。
 
 
 
 
たとえ今書いてる記事がクソでも、
 
将来的に文章が上手くなって
結果的に誰かの役に立てばいい。
 
 
 
そういうスタンスで、
最初の一歩は少しだけ勇気をもって
クソ記事をアップしてみる。
 
 
それを何日か続けてみると、
クソ記事を書いても誰からも怒られないことがわかる。
 
 
 
そうなると平気でクソ記事を量産できるようになって
ブログ更新がはかどるようになる。笑
 
 
 
これが僕のブログ更新ペースが加速した理由です。
 
 
そしてそうなった今、ブログを書くのが本当に楽しい。
 
これからも楽しく、恥ずかしげもなくクソ記事を量産していくことでしょう。
 
 

クソ記事セラピー

 
 
この、
 
行為のハードルを下げてクソ記事を書く
という営みは構造的にはセラピーと同じことなんです。
 
 
セラピーってのは何をしてるのか?というと
 
現実の社会を生きる上で不都合を生じる信念を、
問題のない形に変化させていく
ということなんですね。ざっくり。
(ざっくりだから専門家の人、怒らないでね。笑)
 
 
このたび僕が提唱したクソ記事セラピー(笑)は、
 
ブログを運営していく上で不都合となる完璧主義を和らげ、
ブログ更新をはかどらせ、
結果的に文章能力の向上につながる(であろう)
という点において
 
ブロガーのための心理療法といえるのです。(ドーン)
 
 
 
えぇ、ふざけてます。笑
 
ふざけてますが半分以上本気です。
 完璧主義が邪魔になってる人にはきっと役に立つでしょう。
 
 
ブログを書いてる人や、
何かを継続してがんばりたい人の参考になれば。
  
  
ではまた。
ありがとうございました!
 
 
感想待ってます!コメント欄かこちらのアドレスまで。
info@bestperformanceclub.com

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。