「ねばならない」思考を捨てると行動スピードが加速する

ども、ぶなです。
 
 
やる気がでなくなるとき、
モチベーションが下がるときって、
 
 
そのやるべきことに対して
 
上手くやらねばならない、とか
ハイクォリティであらねばならない、とか
完全でなくてはならない、みたいな
 
“ねばならない思考”に囚われてるときが多い気がします。
 
 
 
僕自身、ブログがなかなか書けなくて苦しんでたときって
 
ちゃんとした記事を書かねばならない
質の高い文章を書かねばならない
人の役に立つものを書かねばならない
それでいてかつアクセス数が伸びる工夫もせねばならない
 
 
みたいなかんじで
“ねばならない”にがんじがらめにされてたし、
 
いまでも文章がスッと出てこないとき、
書こうとしてる文章に納得がいかなくて
モヤモヤして執筆が進まないときなんかは
 
 
「あ、”ねばならない思考”出てきてるな」
っていうのをリアルに感じます。笑
 
 
“ねばならない”のせいで行動できないときに
行動できるようになる秘訣は、
 
とにかくハードルを下げることです。
 
 
 
で、今回はその実例として、
僕がハードルをさげてブログを書いたらどうなるか?
 
ということを実際にやってみます。笑
 
 
普段はひとつの記事に何時間もかけて、
構成を練って推敲して、なんてことをやってるんですが
今日はやりません。
 
 
勢いで書きます。
見直しもしない。
 
 
僕が”ねばならない思考”を手放す方法を解説しながら
それを実践するというリアルな様を見て楽しんでいただけたら。笑

 
 
では、さっそく書いていくぞ。
 
 

アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態

 
“ねばならない”に囚われて
行動できなくなってるときって、
 
いちおう「やろう」って気持ちはあるんですよね。

 
だけど、自分の中で自分への要求水準が高くなってるせいで
 
あれはダメ、これもダメ、それもNO!
ってなってる。
 
 
いわば、
アクセルとブレーキを同時に踏んでる状態
なんじゃないかと思うわけです。
 
そんなこと続けてたらぶっこわれますよね。笑
 

“ねばならない思考”の源

 
ねばならない思考って
強い人も弱い人もいると思うんですが、
 
その根っこにあるのは
“失敗に対する恐怖”です。
 
 
もっと正確にいうなら、
 
「失敗とは悪いことである」
「失敗は自分の価値を毀損する」
という心の奥深くに刷り込まれた信念です。
 
 
ま〜日本のこれまでの学校教育が
 
模範解答が唯一の正解。
それ以外は不正解!バツ!失格!
 
っていう価値観にならざるを得ない
デザインになってたので、
 
 
だれだって多かれ少なかれ
“ねばならない”の芽は持ってる。
 
それはしょーがないと思う。
 
 
それがふとした拍子に、
 
例えばフィジカルやメンタルの調子が
悪くなったときに出てきてしまうのでしょう。
 
 

成功の定義をゆるめる

 
じゃあいざ“ねばならない”
出てきてしまったらどうしたらいいのか?
 
 
そんなときは
とにかく成功の定義を緩めるってのが有効です。
 
 
例えば、ブログだったら
「うまい文章じゃなくても、言いたいことを全部言えたらOK」とか
 
「今日書き上がらなくても、アウトラインだけ完成したらOK」
くらいに自分を甘やかす。笑
 
 
これってのはつまり、
成功の基準を下げることによって、
失敗に対する恐怖心をだまくらかすっていう方法なわけです。
 
 
失敗は相変わらず怖いんだけど、
できあがったものを失敗ではないってことにしちゃう。笑
 
 
甘いって思うかもしれないけど、
“ねばならない”が強すぎて行動が止まるくらいの人には
これくらいの甘さがちょうどいいです。
 
 
だって全く行動できなかったら
進む距離はゼロだけど、
 
甘くてもちゃんと行動できれば、
0.1でも0.2でも前には進めるんだから。
 
 
その差って大きいと思いません?
 
 
例えば僕みたいにブログ書いてる人だったら、
1記事でも多く書いた方が
アクセス増や文章力の強化にはつながるわけだしね。
 
 

まとめ

・”ねばならない思考”が行動のブレーキとなる
・その根本原因は失敗に対する恐怖
・成功の基準を下げれば行動できるようになる
 
と、いうわけで今回は
質にこだわるのをやめて、
勢いだけで書いてみました!笑
 
 
できあがったこの文章を
気に入ってくれる人もいるかもしれないし、
クソだと思う人もいるでしょう。
 
 
でもこうやってハードルを下げる経験をたくさん積めば
“ねばならない思考”によって行動できなくなるってことは減るし、
 
行動力が高まる分、
実力が上がるスピードだって早くなるはず。
 
 
結果的には良いことのほうが多いと思うんで、
 
今日の話で
「あ、自分も”ねばならない”って思ってるわー」
って思ったならぜひ実践してみてください。

 
 
ではでは!
 
 
P.S.
ちなみに今回の記事は30分以内で書き上がりました。
次は10分以内を目標にしてもいいかもしれない。笑
 
P.S.その2
自分はこんなことに対して”ねばならない”って思ってるわ!
みたいなのに気づいたらこっそり教えてください。笑

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。