考えてもしょうがない事は考えなくていい

考えてもしょうがないことは、考えてもしょうがないので、考えない。
 
そんな生き方が合理的で、いいんじゃないかと思います。
 
 
 
どうも、おもちべです。
 
 
今日の記事はほんとに
それを言いたいだけです。笑
 
 
ただ、このゆる~い上にトートロジーなマインドセットは、
“脳のエネルギーマネジメント”という意味で、非常に重要な役割を果たします。
 
 
なので、ちゃんと説明しておこうかなと思います。
 
  
  
僕らみたいな普通の人間って、
大小問わず色んなことで悩むわけですが、
(仙人みたいになれれば楽なんですけどねぇ)
 
 
その中には
ある意味、自分の力ではどーしようもない悩み
というのが数多く含まれています。
 
 
例えば
 
 
将来重い病気になったらどうしよう、とか
あの子にフラレたらどうしよう、とか
あのレポートで単位がもらえるだろうか、とか
どこにも就職できなかったらどうしよう、みたいな。
 
 
 
こーゆーのってよくある悩みですけど、
ようは自分の力が及ばない領域に対して思い煩っているわけですよね。
 
  
これってものすごい無駄だと思いません?
 
 
だって、悩んだところで一歩も解決に近づかないにも関わらず、
悩むほどに時間も、体力も、脳のエネルギーもなくなるわけです。
しかも悩みに包まれてるときって、ただただつらいじゃないですか。
 
 
何もいいことが無い。
 
 
 
それだったら、一旦そのことについては考えるのをやめにして

他のことに”限りある”リソースを回すべきだと思うのです。
 
 
 
病気になるのが怖いなら食生活を見直して、運動でも始めればいいし、

あの子に好かれるように自分磨きをすればいいし、
本でも読んで来学期の課題に備えればいいし、
面接の練習でもすればいい。
 
 
 
あらゆるものが有限である人生において
成長し、悩みの種をなくしていくためには、
リソースの無駄遣いなどしている余裕はないのです。
  
 
 
まぁこーゆーマインドセットって根性論っぽいというか、
マッチョな考え方に感じる人もいるかもしれませんが、
 
 
僕は生きる上での合理的な戦略だと思っています。
いわばリソースマネジメントの一種なわけです。
 
 
 
だから、
考えてもしょうがないことは、考えてもしょうがないので、考えない。
 
 
 
“どーしようもないこと”はいったん置いておいて、
“どうにかしようがあること”だけにフォーカスする。
 
これこそ最も合理的な生き方なんじゃないかなと思います。

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。