才能を殺さない生き方

どうもこんにちは、おもちべです。
 
今日は「才能を殺さない生き方」について書いていきます。
 
 
“才能”って聞いて、
あなたがどんなものを想像するかわかりませんが、
 
大体、「生まれながらにして持っている優れた能力」
みたいな感じに思ってる人が多いんじゃないでしょうか。
 
 
 
でも僕は、才能というものについて、

一般とは少し違う定義をしています。
 
 
それは何かというと、
 
“才能とは、その人の持つ可能性のことである”
というものです。
 
 
 
つまり、才能とは一般的に考えられているような、

「ある人が現在持っている能力」のことではなく、
 
あくまでもその人が成りうる
“可能性”のことだと考えているわけです。
 
 
 
なぜかというと、

 
何か人より優れたことができる人がいたとして、
(何でもいいのですが、仮に将棋の名人とかにしておきましょうか)
 
その人は確かに、
将棋を指す能力に優れているのかもしれませんが、
 
「才能があったから、彼は将棋が強くなったのだ!」
と言ってしまえば、説明として片手落ちなのです。
 
 
だって能力というものは、
努力を抜きにしては絶対に成長しないものだからです。
 
 
生まれながらにして、
「将棋を指すニューロン」なるものが
発達した状態で生まれてくる人間なんていません。笑
 
 
脳は、同じ神経回路を何度も使う事で、
その部位を強化していくという性質を持っています。
(これを脳の”可塑性”といいます)
 
将棋が強い人というのは、
将棋を指す際に使われる脳神経を、何度も繰り返し刺激することによって、
一般人より優れた思考ができるようになるのです。
 
 
ただ、努力をすることによって能力が伸びる
とは言っても、
 
人によって、努力できる分野もあれば、
できない分野もあると思うのです。
 
 
例えば、
僕は言語で表現された論理的な文章は理解することができますが、
数字や記号を扱うのはものすごく苦手です。
 
哲学書なんかで頭を悩ませるのは好きなんですが、
数学の問題を解いたりするのは吐き気を催すくらい嫌いなのです。笑
 
 
 
これは恐らく、

“脳がその種類の刺激を処理すること自体を苦手としている”
ということなんじゃないかと思うのです。
 
 
人は誰しもこういった
「向き不向き」みたいなものがありますが、
それこそがその人の”可能性”であり、
 
 
可能性と不可能性の両方を含んだ、

その人の”特性”こそが才能なのだと僕は思うのです。
 
 
では、最初の話に戻って、
 
才能を殺さない生き方とは何なのか?
ということですが、
 
 
つまり、その人の特性に合わせて、
最大限のパフォーマンスを発揮できるような生き方をすること
なのではないでしょうか?
 
 
それが本人にとっても世界にとっても

善いことなのではないかと思うのです。
 
 
例えば、
(僕とは違って)数学的思考が得意な人もいれば、
(これも僕とは違って)絵が得意な人もいます。
 
両者とも、もう一方の分野は苦手だった場合、
 
絵が苦手な数学者に、絵の練習をさせたり、
数学が苦手な絵描きに、無理やり数学を教え込んだりするのは、
誰のためにもならないですよね?
 
 
 
せっかく可能性が開けた分野をそれぞれに持っているのに、

それを活かすこともなく、誰にも貢献できない分野で埋没していくなんて
無駄である以上に、不幸なことだと思います。
 
 
 
才能を活かし、世界に貢献し、自分も幸せになる。
 
そういった生き方がしたいのなら、
自分の特性を理解し、それに合わせた生き方をするのがベストなのです。
 
 
ただ、こういった”特性(≒向き不向き)”の話っていうのは、
今日話した「能力」とかに関することに限りません。
 
もっと広く、性格全般に当てはまることなのです。
 
 
例えば、
 
夏休みの宿題を計画的に終わらせる人もいれば、
8月30日にまとめて一気に終わらせる人もいますよね?笑
 
そういうのも一つの特性なのです。
 
 
こういった場合、
 
前者の方が「モチベーションの高い人」みたいに
世間一般では思われやすいわけですが、
 
僕はそうとは考えていません。
 
これも単なる”特性の違い”のひとつに過ぎないのです。
 
 
にもかかわらず、
そういった世間の常識に苦しめられてしまう
後者の様な(宿題をため込む)人も少なくないと思います。笑
(そして恐らくそういう人が僕のブログを見に来るのでしょう)
 
 
ということで、
 
次回は、モチベーションを上げるということに関して、
知っておくべき重要な2つの”特性のタイプ”について解説したいと思います。
 
 
ではでは。
 

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。