心を新陳代謝させる

どうも、おもちべです。
 
今日はちょっと抽象的な話から入りたいと思います。
 
 
新陳代謝っていう現象がありますよね?
 
 
ものすごくざっくり言うと、
古い細胞が新しい細胞と入れ替わっていくことですが、
 
 
生物は代謝をすることで生命を維持し、
代謝できなくなった時に死を迎えます。
 
 
 
これと同じことって、
自然界から、個人の人生に至るまで
ありとあらゆる場面で当てはまると思うのです。
 
 
 
はじめはきれいな池であっても、
水が入れ替わらなければだんだん沼になっていくし、
 
家なんかも、人が住まなくなると
急速に朽ちていくといいます。
(たぶん物も空気も入れ替わらなくなるため)
 
 
 
人間界でいえば、
コミュニティも代謝がなければ腐っていきます。
 
 
大学のサークルを例にとってみましょう。
 
 
 
新入生が毎年一定数入部して、
部員がちゃんと4年で卒業してくれれば、
 
大抵の場合いつまでも
“楽しい場”として成立するんですが、
 
 
これが、代謝が起こらないとどうなるか?

 
 
 
古い細胞である4年生たちが留年して
いつまでもサークルに留まっていると、
次第に「その集団の重鎮(笑)」みたいになってきます。
 
 
これって他の国ではどうなのかわからないですけど、
日本では同じコミュニティに長くいるだけで、
なぜか「偉い」雰囲気がでてくるんですよね。
 
 
留年していつまでも大学にいるだけの人が
偉いわけないんですけど。笑
 
 
 
そして、その重鎮(笑)がコミュニティ内で、
在籍年数を笠に着て偉そうにふるまうようになると、
 
 
新しい細胞である下級生たちが
感じる楽しさが減っていきます。
 
 
 
楽しくないサークルなんて在籍してる意味ないですから、
一定以上楽しくなくなったと感じた人から抜けていくし、
 
 
「楽しくなさそうだなぁ」と感じた新入生は
入部しなくなります。
 
 
こうして、代謝が止まり、
 
古い細胞がとどまり、
新しい細胞が入ってこなくなったサークルは、
 
 
次第に存続できなくなって、
生命体でいうところの死を迎えるわけです。
 
 
 
おぞましい話ですね。笑
 
 
 
で、ここからが今日の本編なのですが、
 
 
代謝が止まると死を迎える、という法則は
僕らの心にも当てはまるのです。
 
 
 
人間、毎日同じことばかり繰り返していると、
だんだんマンネリ化して飽きてきますよね?
 
最初は新鮮な気持ちで、
モチベーションも志も高く取り組んでいたことでも、
 
 
あまりに変化がないと、
次第に飽きて心が動かなくなっていき、
やる気も起きなくなっていきます。
 
 
 
このマンネリ化という現象が、
心にとっての”死”なのです。
 
 
 
いつもいつも同じことばかりしている、
という情報は、心にとっては古い細胞であり、
 
 
いつもと違うことをしている!
という情報は、新しい細胞であると言えます。
 
 
新しい情報、新しい刺激を何らかの方法で
取り入れていくということは、
 
 
何かひとつの目標に対して
モチベーションを維持するうえでも、
重要なファクターになっています。
 
 
 
 
例えば、イチローは、
子供のころからおっさんになった現在に至るまで
ずっと野球をやり続けているわけですが、
 
その人生の時期によって、
違った挑戦対象を見出しています。
 
 
 
闘う場所や、チームメイト、自身の身体の調子などの
変化に対応することであったり、
 
今までできなかったことを
できるようにするための行動であったり。
 
 
 
野球という1つのことをやり続けているようでありながら、
本人にとってはものすごくたくさんの
“新しい挑戦”の連続だったのではないかと思うのです。
 
 
だから、これだけ長い間、
並外れた努力を続けることができているわけです。
 
 
 
僕自身も、モチベーションというひとつのテーマを、

何年間もずっと学んできてますが、
 
 
時期によって具体的な中身は変えています。
 
 
 
あるときは現代の実験心理学を中心に扱っていたけど、
またある時は哲学の視点から人間を学んでみたり、
精神分析学という心理学のルーツをたどってみたり、
遺伝学から人間の出来上がり方を学んでみたり、
心理セラピーに手を出してみたり。
 
 
 
これらすべて、
「”モチベーションの正しい取扱い方”を理解する」
という1つの目標に向かうための行動ですが。
 
 
具体的な部分で違いを持たせているから、
何年でも毎日続けることができているのだと
僕は思っています。
 
 
 
古い情報に固執するのではなく、
他分野の新しい情報を入れる事で、
 
過去に入れた古い情報からも
新しい発見を得ることができる。
 
 
 
そんな風にして、

心に代謝を起こすことで
 
モチベーションを殺さずに
1つのことを続けることができるのです。
 
 
 
 
今回はこんなところで。
ありがとうございました。

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。