【メリハリの科学】30代男性が副業で成功するためのエネルギー戦略

 

どうも、おもちべです。
   
今日のテーマは「一流はなぜメリハリをつけるのか」です。
   
   
将棋の羽生善治さんは、対局のために遠征先に行っても、
だらだら散歩する時間を取るそうです。(だらだらとか言うな)

 
 
特にアイデアを練ったりするでもなく、
頭をからっぽにするんだ、と。
 
  
 
勝負の日が目前に迫ってるのだから、
何かしらトレーニング的なことをしたほうが良さそうなもんじゃないですか?
 
それなのに、特に成長に貢献しないであろう、
無駄なことをして過ごすのです。
 
 
 
羽生さんほどの人になれば、
もう何も練習なんかしなくて良いのか?
 
っていうとそんなことはない。
 
 
 
プロ棋士として30年近く第一線で活躍するには、
並大抵でない努力をされているはず。
 
 
しかしそれでも、
羽生さんはこの時間に大きな意味を見出しています。
   
 
その秘密が“メリハリ”です。
 
 
 
メリハリをつけるのは大事だ!
 
なんて、聞き飽きたキレイゴトだとお思いかもしれませんが(苦笑)
実はちゃんと科学的な意味のある事なんです、これ。
 
 
結論を先に言うと、
    
・人間が使えるエネルギーには限りがある
・だから常に全力なんて無理
・よってメリハリをつけるべし!
   
っていう話をしていきます。
    
 
 
で、ただメリハリつけろ!っていわれても
実際どうしたらいいかわかりづらいと思うので
     
具体的なアクションプランをマニュアルにしたので
ぜひそちらも読んでいただけたらと思います。
   
 
っていうかぶっちゃけそこだけ読めばおっけーです。笑
(目次の3番からどうぞ)
 
  
ではいざ本編へ!

メリハリをつけるべきである科学的な理由

 
何かの試験前とかって、
よく「1日48時間あったらいいのに~!」なんて思ったりしますけど、
 
 
これって出来る限り長い時間を勉強に当てて、
限界まで能力を伸ばしたいってことですよね。
  
   
   
ずーっと勉強したらそれだけ伸びるんだから
時間の許す限りやり続ければいいんじゃないか?
   
   
と多くの人は考えるわけですが、
   
   
実はこれは決定的に間違っています。
   
   
   
なぜかというと、
   
人間が使えるエネルギーには限界があるため、
   
「ずっと最高のパフォーマンスを出す」ことができないからです。
   
   
   
 
まぁ当たり前の話ですけど、
   
朝、目覚めた瞬間から、
夜、眠る直前まで、MAXの集中力をキープし続けることなんて
ふつうできませんよね。
 
   
それはなぜかというと
使えるエネルギーが限られているからです。
   
   
「脳のエネルギーには限りがあるし、使えばなくなる」
(=回復が必要になる)

 
ってことが脳科学でも心理学でも実験されてわかっています。
(こちらの記事で少しくわしく書いてます)

ただエネルギー切れてるだけ!やる気が出ない本当の理由

2017.08.27
   
   
   
 
一流の人達の多くは、
どこかのタイミングでそのことに気づいて、
生活の中に取り入れているわけです。
     
     
 
つまり冒頭の話でいうと、
    
  
   
羽生さんは全てのリソースを
本番である対局に注ぎ込むため
だらだら散歩しているのだってことです。(だらだらとか言うなって)
  
    
   
ライバル棋士たちを相手にする際には、
限界までエンジンをまわさなければ、勝てない。
   
   
だからこそ、
そのためだけにエネルギーを温存しているわけです。
   

戦略的にエネルギーを管理すべし

 
このことから僕らが学べるのは、
エネルギーは戦略的に投下すべきだということです。
   
   
僕らは、別に一流棋士と将棋をさすわけじゃないですが
それぞれに、自分なりの最重要タスクというものを持っていますよね。
   
   
   
それは仕事かもしれないし、
受験勉強かもしれないし、
スポーツや楽器の練習かもしれないですが
   
   
そういう
自分にとって最も重要なこと
最もたくさんエネルギーを使える状態にしておくべきなのであって、
 
 
何もかもすべてをがんばろうとしちゃいけないし、
「時間のある限りがんばろう」
とか思っちゃいけないのです。
    
   
   
じゃあ今度は具体的に
どんなエネルギー戦略を立てたらいいのか? 
って話に入りましょう。
 

エネルギー戦略マニュアル


   
ポイントは以下の三つです。
  
1.エネルギーのロス(無駄)を減らす
2.エネルギー回復行動をちゃんととる
3.エネルギーの使い道を絞る
 

説明をわかりやすくするために、
僕の読者さんに具体例として登場してもらおうと思います。
   
   
Kさん(30代男性)
・会社員
・妻子あり
・副業でネットショップをやっている
・将来的にはネットショップを本業にしていきたいと思っている
・会社から帰宅してから副業の作業をしているが、
集中できないしモチベがあがらない日も多い
   
 
 こちらのKさんが副業で成功するためのエネルギー戦略
具体例として立てていきたいと思います。
 

1.エネルギーロスを減らす

 
 まず最初に自分がどこにエネルギーを無駄使いしているかを明確にし、
その無駄を最小限に抑えることからはじめます。
    
   
エネルギーを使いやすい以下の4つの領域から点検します。
   
・仕事や勉強
・SNS
・人間関係
・悩みごと、考えごと 
 
 
   
Kさんの場合、
 
まず仕事面では
   
・本業の会社でがんばりすぎないこと
・なるべく余計な仕事を抱え込まないこと
   
を目指しつつ、
日常生活面では
    
・「付き合い」で飲み会に参加するのを辞めること
・SNSを見る時間を減らすこと
   
を目標にしてもらいました。
   
   
   
そして、Kさんの場合は大丈夫なようでしたが、
もし家族関係に問題を抱えている場合
先にそれを解決することをおすすめします。
   
   
   
人間関係の問題は(身近であればあるほど)
ものすごくエネルギーを消耗しやすいので、
   
その悩みを抱えたまま何かの目標に挑戦するのって
無駄に大きく難易度があがるからです。
   
   
========== 
ちなみに僕自身は、
実家の家族と相性が悪かったので
  
「実家から離れる、家族と距離を置く」
なんてことまでしましたが、
   
おかげでかなりエネルギーの漏れを防ぐことができています。
(この辺りの話はまたどこかで詳しくするかもです)
==========
 
このようにして、
まずはエネルギーのロスを減らしていきます。
  

2.エネルギーの回復行動をとる

 
次にエネルギーの回復についてです。
 
 
使ったエネルギーは回復させないとどうにもなりません。
 
主な回復手段は以下の3つ。
 
・食事
・睡眠
・運動
 
 
食事はまさに脳で使われるエネルギーの元になるし、
   
睡眠脳をリフレッシュさせる直接的な回復行動だし、
  
運動
身体のコリをほぐすことや
脳内のホルモン分泌にも良い影響を与えます。
   
   
それぞれについて詳しいことは長くなるので
こちらの記事にまとめてあります。

デキる人とデキない人の違いを生む「がんばる土台」の整備術

2017.12.02
   
   
 
Kさんの場合、
 
食事は奥さんがおいしい手料理を作ってくれるからいいとして、
まず睡眠の問題から手をつけてもらいました。
(睡眠がいちばん手っ取り早く結果が出るので)
   
   
会社から帰宅して、
夕食とお風呂を済ませ、
しばらくスマホをいじってから副業の作業にとりかかる。
そして、作業が終わったらすぐに寝る。
 
という、睡眠にとって最悪なことをしていたようなので、笑
そこから改善してもらうように伝えました。
   
   
※どうすれば睡眠の質があがるのか?については
こちらの記事で解説しています。

睡眠不足はやる気の大敵!地球人用の正しい睡眠法について

2015.03.10
   
  
   
まず寝る前に副業をするのをやめて、
早寝早起きして早朝に作業するリズムに変えてもらいました。
   
   
すると、今まで本業が終わってから作業していたときより
ずっと集中できるしパフォーマンスがあがっている実感が得られたようです。
  

3.エネルギーの使い道を絞る

 
こうしてエネルギーの残量に余裕を作ることができたら、
最後は使い道を絞ります。
 
 
最初の項目とちょっとかぶるんですけど、
とにかく自分の真の目標を徹底的に明確にして
そこにだけエネルギーを注ぎ込むことを決意するわけです。
  
   
 
多くの人はあれもこれもと
人生に必要っぽいこと、
みんなが大事だって言ってることにエネルギーを注いでしまいます。
  
   
   
でも、何度も言ってるように
僕らが使えるエネルギーには限りがあるわけで、
   
ほんとの意味で自分自身に必要なこと以外に
エネルギーを割いている余裕なんてないはずなんです。
   
   
   
僕は、多くの人が「好きなことで生きていけない」のは
 
そんな本当は大事でない、使うべきでないことに
大切な、限りある自分のエネルギーを浪費してしまっているからだ
とすら考えています。
 
 
   
だから、エネルギーの使い道を絞ります。
   
   
Kさんだったら、
(最初の項目と完全にかぶりますけど、)
   
「本業をがんばりすぎない」と決めること。
    
そして使えるエネルギーを
最大限、副業に注ぎ込むこと。
  
それが大切です。
   
   
   
僕自身はこのブログやLINE@での活動を
メインにして生きていくのが目標なので、
 
それまで勤めていた会社を辞めて、
派遣とバイトのダブルワークに生活スタイルを変えました。
   
   
その結果、
   
使える時間は最低でも会社員時代の2倍になり、
その分エネルギーも自由に使えるようになったので
   
ブログの更新もLINE@メンバーのサポートも
かなり活発に行えるようになり、
 
   
ブログのアクセス数も会社員時代より
倍近くに増えてきました。
  
今後さらに伸びていくと思います。
(そうするためにエネルギーを注いでいきます。)
 
 
このように、
エネルギーの使い道そのものにメリハリをつける
ということも目標を達成していくために大切なことだと僕は考えています。
 

まとめ

 
・使えるエネルギーには限りがある
・エネルギーはメリハリをつけて使うべし
・正しいエネルギー戦略は以下の3つ
1.エネルギーの無駄を減らす
2.エネルギーの回復行動をとる
3.エネルギーの使い道を絞る
  
   
というわけで今回は以上です。
    
   
今回、具体例としてKさんというかたを紹介しましたが、
   
同じような相談を
いまLINE@で無料で直接受け付けています。
   
   
興味がある方はいまのうちに
(僕が直接返信できる余裕のあるうちに。笑)
   
友だち追加してお気軽に相談メッセージを送ってみてください。
  
ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

↓↓↓友だち追加はこちらから↓↓↓
友だち追加

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です