ブログ集客屋まつさんへのやる気コンサル【フリーランスのやる気を最大化するための戦略】

どうも、やる気復活アドバイザーぶなです。
 
この記事では、僕が行ったやる気復活コンサルティングの中身をユーザー向けに公開していきます。
(もちろんクライアントご本人から承諾はいただいてます。) 
  
 
今回ご紹介するクライアントさんのように、
 
・フリーランスとして仕事をしている。
・そしてある程度経済的に成功している。
・基本的にちゃんと仕事はしているが、どうもマンネリ気味。
・かつてのような熱さをもう一度引き出したい。

 
そんな状況にいる方にはそのまま活かせるアドバイスになると思います。
 
 
あなたの情熱を復活させることは、
必ずあなたの関わるお客様の人生を良くすることにつながるはず。
 
ぜひこちらの記事をそんな未来にお役立ていただければ幸いです!
 

大島松二郎さん(通称:ブログ集客屋まつさん)について


・1985年生まれ(現在34歳)
・福島県出身
・月間12万PV超のメディアを運営するブログ集客の専門家
   
  
まつさんはブログ集客のコンサルタントとして
・クライアントを数ヶ月で何百万円と稼がせたり
・ブログのアクセスを何倍にも増やしたり
なんてことを平然とやってのけるスゴイかた!
 
 
まつさんとは共通の友人を介して知り合い、
僕自身、ブログ運営について何度もお世話になっています。
 
 
そんな尊敬する先輩であるまつさんにお話しの流れから突然コンサルの依頼を頂戴したので、ぶっちゃけ一瞬ビビりましたが喜んでお受けしました。笑
 


 
 

あの情熱と爆発力をもう一度

 
まつさんは本来、絶好調なときにはブログ記事を一時期に集中して100記事書き上げてしまうくらい爆発的な行動力のある方です。
(ブログをやったことのある方ならわかると思いますが、これってものすごい大変なことです)
 
 
ただ、ある日まつさんと通話していたときのこと。
 

まつさん
最近はあの頃みたいな爆発的に行動できる波みたいなのもこないし、「次に何をすればどれくらい売り上げがあがるか」もわかっちゃうからぶっちゃけ日々淡々と仕事してるんだよね。
 
ぶな
なんすかそれ、うらやましい。
 
とかいってうらやましがってる場合じゃない。
 
 
精神的に大きな浮き沈みもなく
日々淡々と仕事をして
生活に何の不自由もない収益をあげている。
 
 
それって一見すると“ただ良いだけ”の状況ですが、かつて発揮されていた100%の実力が今は発揮されていないということは
必ずどこかに改善点がある、実はとてももったいない状態なのです。
 
 
 
そのことにまつさん自身もお気づきで、
もう一度あの爆発力を引き出したいとおっしゃっていたので
  
「おっと、うらやましがってる場合じゃなかったぞ」と正気に戻り、コンサルの準備を始めたのでした。笑

いざ、ZOOMをつないでコンサル開始

 
コンサル当日。
 
開始時間の30分ほど前にまつさんにメールをし、
ZOOMの会議室URLを送ります。
 
 
ちなみにスマホPCともに、事前にアプリをインストールしておくと以下の流れに進みます。
 

<スマホの場合>
お送りした会議室URLをサファリなどのブラウザにコピペすることで自動的にZOOMアプリが開きます。
 
そして以下の画面が出たら一番上の、
インターネットを使用した通話をタップすれば開始です。

<PCの場合>
スマホと同じく、お送りしたURLをクリックすると以下の画面が出るので、
コンピューターオーディオに参加するをクリックすると通話開始になります。

 
今回は資料をお見せしながらのコンサルになるので、
PCの方で、いざ通話開始です。
 

まつさんの現状

ぶな
じゃあ改めまして、現状の確認から入りたいんですが、
 
・ビジネスは軌道に乗っていて、経済的に特に不自由はない
・何をすればどんな成果が得られるかが大体予想できちゃう
・やるときは爆発的な行動力を発揮するが、最近はその波がこない
 
こんな感じで合ってますか?

 
まつさん
そっすねー。仕事に関してはそんな感じっすね。
  
ぶな
ちなみにまつさん、いま仕事に“楽しさ”って感じてます?
 
まつさん
楽しさはありますね。
でもそんなに、前みたいな
「超生きがい!おれは一生これで生きていく!」みたいなノリでもない。
「楽しさ6割:義務感3〜4割」って感じですかね。
 
ぶな
なるほどなるほど。
この前「勝ちパターンが見えちゃってる」って言ってたのも関係ありそうですね。
   
まつさん
うーん。。しかも勝ちって言っても“それなりの勝ち”みたいな。
そこのところのやり方も結果も全部予想の範疇にあるようなかんじですね。
 
ぶな
ふむふむ、わかりました!
じゃあこれからまつさんのやる気を最大化するプランをお話していきますね!

ビジネスで成功するとモチベーションが落ち着く2つの理由

ビジネスで成功した人の多くは、

当たり前の話ですがその過程で
・能力の向上
・収入の向上
という2つのことを経験しています。

どっちも基本的に良いことですよね。
 
 
ですが、そんな良いことが
実はやる気を落ち着かせる直接的な要因にもなるのです。

最高の没頭状態から外れてしまう(cf.フロー理論)

人間が最も楽しさを感じ、没頭する状態フロー状態と言うんですが、

仕事でフローになるためには
能力仕事の難易度が釣り合っている必要があるのです。

能力 = 難易度  → 楽しい(フロー)
能力 < 難易度  →  萎える
能力 > 難易度  → 退屈
 
 
式で表すとこんなかんじですね。

 

まつさんのこれまでの経歴を詳しくお伺いしたところ、
 
仕事を通じて能力が高まったのに対して、
最近では仕事の難易度が変わらない状況が続いていたようです。
 
 
つまり、 
能力 > 難易度 → 退屈
になっていたわけですね。
 
  
この状況というのは、上の図でいうと左上の“退屈”エリアに入るので、
楽しさを取り戻すためには仕事の難易度を上げるという対処が必要になります。

「別にこれ以上儲からなくても平気」だから(収入とやる気の関係)

そして成功するとやる気が落ち着くもう一つの理由。

それは、「これ以上お金が儲からなくても別に平気だから」です。
 
 
 
成功する前「お金が足りない」と感じているときは誰しも
“お金が手に入ること”に対して魅力を感じ、やる気も引き出されます。
 
 
しかし、ある程度経済的に満たされてくると
「それ以上のお金が手に入る」ということには魅力を感じなくなることがわかっています。
(“ある程度”というのはどれくらいかと言うと、本人が満足する程度です)
  
 
この時のまつさんはまさに、

まつさん
生活に特別すごい自由はないけど(=いきなり海外旅行に行くとか)
何ら不自由はない(=やりたいことはたいていやれる)」
 
という状態だったそうなので、
まさに必要十分な収入が確保されていた。
 
 
だから、
「次にこれをすれば、これだけの収益があがる」というところまでわかっていたとしても、

それがやる気の源にならないのは当然なのです。
   
  
この状態で「収入(やそれに類するもの)をもっと増やす!」
みたいな目標を立てたとしてもモチベーションにつながることはないので、
それとは別の方向から動機付けを見つけ出す必要があるということなんですね。
 
 

ぶな
長々話しましたが、ようするに何をすればいいのかというと
ズバリ目標の更新です。
 
まつさん
ほほぅ。
 

どのように目標を更新すればいいのか?

「目標を更新する」
それはすなわち難易度を上げることを意味するわけですが、もちろん難しけりゃなんでもいいってわけじゃありません。
 
本人が意味を感じる仕方で難易度を高めなければいけないのです。
 
 
  
そのためにはまず、
人間が何かに対して意味(あるいは価値)を感じるってどういうことなのか?

どんなメカニズムで人間は意味を感じたり感じなかったりしているのか?
 
という部分を知る必要があります。

意味(価値)を感じるメカニズム


人間は誰しも心の奥底に
「こうなりたい・こうでありたい」といった願望を持っています。
 
そして、「その願望を満たすために」という目的を持ち、
 
それが現実の行動に反映されていきます。
 
 
これが基本的な、自然な行動選択のあり方です。
 
 
 
そして現実の行動をする際に、
それが自分の目的に適っているときにのみ
人はその行為に対して意味を感じるのです。
 
どういうことか?
 
 
たとえば「海外で働くために」という目的を持った人にとっては
英会話のレッスンを受けることや、
駅で困っている外国人に話しかけるという行動には
「いつか海外で働ける自分になるための練習」という意味がありますよね?

 
逆にいうと、自分の持つ目的と関係がないことには意味を感じません。
 
 
周りで流行ってるから始めてみた英会話とか
CMでよく見るから入会してみたジムとか
親に強要されて目指すことになった大学受験とか
 
 
そういうことは自分の人生に関係がないから意味(価値)を感じない。
だからがんばりきれないし、辞めてしまうのです。
 
 
客観的に価値があるかのように演出されているから
「やったほうがいいような気がしている」だけで、
自分の心にとっては価値がないわけです。

意味を感じるように難易度を高めるには?

自分の中にある目的や願望を探り出し、
それに基づいて考えることで意味のある形で難易度を上げることができる。
 
 
じゃあ具体的にどうやって自分の目的や願望を探るのか?
 
 
そのためにまずは、
過去に(人からやらされたのではなく)自らの意思で打ち込んできたこと、

あるいは好きで好きでついやってしまっていたことなどをリストアップし、
 
  
それぞれの項目について
なぜ好きだったのか?
それの何が楽しかったのか?
と質問を繰り返しつつ分析し、それらを総合する。
  
   
すると、
<今までの自分はどんな目的に基づいて行動してきたか?>

という行動原理が徐々に見えてきます。
  
つまり自分にとって何がいちばん大事なのか?
ということですね。
 
(ちなみにこの分析と総合のプロセスが僕のコンサルとしてのいちばんの腕の見せ所だったりします。) 
  
  
このプロセスを文章で再現すると非常に長くなるので、
ここでは具体的な話は省いて、考察した結果だけお見せしましょう。
 

まつさんの行動原理を解明する

まつさんの過去の経験だったり行動の傾向についてお話を伺っていくうちに
日頃、以下のような基準で行動されているということがわかってきました。
 
 
・極めたい>>>成果を出したい
→成果自体にはあまり興味はない

→極めるための努力をしたら後から成果がついてくる
→「極めたいから勉強するのは当たり前」という感覚で努力している
  
・「これができたらかっこいいな!」を実現したい
  
・憧れの人に認められるべくして認められたい(誰にでもではなく)
  
・「自分(まつさん)だから」という理由で選ばれたい
 
 
 
これらを分析し、総合することで
まつさんの行動原理を解明していきます。
 
 
  
〜以下、分析後にまつさんに送ったメッセージそのまま〜 
  
※具体的なエピソード部分に関しては
「そんなこともあったんだ〜」程度で流し読みしてください
  

ぶな
まず図をお送りしますねー!
まつさん
おお!ありがとう!
 

ぶな
まつさんの場合、
いちばん大元にある最も抽象度の高い願望が
「特別な存在でありたい」なのではないかと。
 
それが過去の行動にも表れていて、
例えば初めてのPCを買ったときのエピソードなんかは、
PCを外に持ち歩いてカタカタしてるという行為自体から特別感を得ていたんじゃないかな?と。
(2009年当時は外でPCで作業してること自体が珍しかったので)
  
  
あとトレンドブログ(注:流行ネタを書いてアクセスを集めるブログ手法)で成果が出ていたのに、辞めて己の道を行き始めたことに関して、
 
「日々みんなと同じことを繰り返す」という作業自体が
特別な存在であることの対極にある行為だから辞めたくなったのではないか?とか。
 
 
最も根っこにある衝動が 「特別な存在でありたい」だとすると色々つながる気がします。
  
ぶな
それから、そんな真の願望を少し具体的な次元に近づけたものが
「極めた人への憧れ」なんじゃないでしょうか。
  
  
何かを極めた人というのは、
ある種「特別な存在」であることを具体的な現実世界において体現している存在ですよね。
  
人は「自分がぼんやり抱いている理想を実際に体現している人」 に無意識に惹かれる傾向があるので、
「特別な存在でありたい」という真の願望が、 「極めた人」への憧れを生み出したのではないかと思います。
 
 
そして、この具体化された願望が元になって
「極めるために」という目的(行動理由)に行き着き、

「極めるために」という目的に適う行動として、
「当たり前のこととして勉強や練習などの地道な努力をする」
といったところに至るのではないでしょうか?
 
というのがまつさんの行動原理に関する僕の考察です。
 
まつさん
おおぉ、なるほど。
特別な存在になるっていうか
「世の中にはなんか爪痕残さんと死ねない」っていうのはあるよね。
 
死ぬ前になんかこうね、小さくてもいいから歴史に残りたいというか。
 
ぶな
自分の存在を証明したい的な?
 
まつさん
それはあるねぇ。そこだけはシカトできないんだよね。
 
だからトレンドブログはできない。笑
 
ぶな
やっぱり。笑

まつさんのやる気再興戦略

行動原理さえわかれば、あとはそれに沿って
やる気を復活させるプランを立てるだけ。
 
 
「特別な存在でありたい」
という願望に沿って目標を更新するにあたって、
 
・ブログ集客の専門家としてNo.1(業界トップ)を目指す
・webマーケッターとして誰も真似できない特殊なポジションを確立する
・ブログ集客のプロでありながら全然別の何かのプロでもあるハイブリッドな存在を目指す
  
などなど可能性としては色々考えられますが、

 
 
まつさんの中ではナンバーワンにはあまり興味がなく、
どちらかというと「唯一無二の自分になりたい」という感覚が強いとのことでした。
 
 
 
そのために次なるアクションとして
「認知度と人気を思いっきり上げに行く」を次なる目標にされるそうです。

 
たくさんの人に認知され、かつ認知してくれた人からの人気(≒信頼)が高まることによって
「まつさんだから、で選ばれる(=唯一無二)」
という状態が達成されるだろう、という計画ですね。
 
  
  
具体的にどんな施策をなさるのかまではさすがにここでは書けませんが、
それらはご自身の行動原理に基づいた行動になるので、
きっと次なるやる気のビッグウェーブがまつさんの中で発生することでしょう!
  
  
まつさんの今後のさらなるご活躍、楽しみにお待ちしてます!^^
 

まとめ


・稼げるフリーランスの人がやる気を失う2大原因は
1.実力と難易度の釣り合いが崩れるから(=退屈になるから)
2.“お金がモチベーションになる時期”を卒業してしまうから

・最大限のモチベを取り戻すには目標を更新するべし
・“意味のある目標”を立てるためには<自分の行動原理>を解明する必要がある
<自分の行動原理>に沿った形で目標を更新すればやる気は復活する

ということですね!
自分も同じ状況かも…って思ったかたはぜひ実践してみてください^^
  
 
また、
・実際にぶなに相談したい
・自分の行動原理を一緒に分析してほしい
・かつての最高のやる気を復活させたい

とお思いのかたはぜひサービス一覧ページもご覧ください。

【無料】モチベーション相談室のご案内【プレゼント付】

 
やるべきことができないダメな自分
を卒業したい。
本当はもっと全力でがんばれるようになりたい。

いつでも最高のパフォーマンスで仕事や勉強に打ち込みたい。
 
だけど、どうしてもモチベーションがあがらない。。。
  
 
 
そんなあなたのために
LINE@やる気に関するお悩み相談室をやっています。
      
一緒にやる気の仕組みをガッツリ学んで

"がんばれる自分"に近づいていきましょう!
 
 
 
友だち追加するだけですぐに
メンバー限定コンテンツが見られますし、  
(実はブログより更新頻度高いです)
 
ラインで相談を送ればぶながブログやコラムでお答えしますよ!
(運が良ければ直接お返事するかも?)
 
   
なお現在201人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2019年5月21日時点)
相談したいことがある方はお早めにご入室ください^^
 
(2019.4.7時点 177人)
(2019.1.1時点 128人)
(2018.12.10時点  113人)

↓↓相談室への参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。


 
<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定コラム、過去の相談アーカイブなどを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(ブログ記事やメンバー限定コラムを通してお答えします!)

 

<相談室メンバー限定コンテンツ>

 音声コンテンツ
・モチベを維持する"目的とフィードバック"の力
・ぶなが人生でいちばんやる気が出なかったときの話
 
限定コラム
・意志力に頼らずにモチベをあげる方法
・漠然とした不安の正体と解消法について
・「それ本当にやらなきゃいけないの?」
・過去にいただいた相談のアーカイブ
 
 
などなど随時更新中!
 
実はブログよりも更新頻度高めです。

 

<ご登録に当たっての注意点>


メンバー数が増えてきた現在、
すべてのご相談を取り上げられるわけではありません。

  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますので
ご遠慮なさらず、ぜひ登録してガンガンご相談ください!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^
 

↓↓相談室への参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    やる気復活アドバイザーぶな

    モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。