鍛えることなく後天的にメンタルを強くする方法

「自分はメンタルが弱いなぁ」とか
「もっと心を強くしたい…!」なんて思ったときに、
あなたならどんなことをしますか?
 
何か新しいことに挑戦したり、
何かを我慢したり…みたいに、
心に負荷をかけることを思いつく人が多いんじゃないでしょうか?
 
 
ただ、僕自身の弱すぎるメンタルを鍛え上げてきた経験だったり、かつての僕と同じような悩みを持つクライアントの指導をしてきた経験から考えるに、
 
心を強くするための作業っていうのはどっちかというと、
 
【鍛える】というよりかは【ほぐす】こと、
筋トレよりかはストレッチに近いように思うんです。
 
 
そんなわけで、今日は心の本当の鍛え方についてお話します。

「心が強い」とはそもそもどういう状態なのか?

   
鍛えるとか強くする云々の前に、
そもそも目指すべき「心が強い状態」
ってのはどういう状態なんでしょうか?
 
 
目標に向かってモチベを保てること
失敗をしてもへこたれないこと
人前に出ても緊張せずいつもの自分でいられること
他者に自分の本音を平気で言えること
人の影響でブレることなく自らの意思を貫けること
 
などなどなーど、考えようと思えばまだまだ出せそうではありますが、これらはおおよそ心が強い状態と呼んでも差し支えないでしょう。
 
これらに共通することは何かというと、
失敗や他者という存在、あるいは自分が試されるような場にあっても、
 
大丈夫だ。
怖くない。
なんとかなる。
 
という風に思えている。
 
不安や恐怖がない
プレッシャーを感じていない
ということです。
 
 
つまり心が強い状態というのは、
ある種、気楽な状態なわけです。
 

心が強いから気楽なのか、気楽だから心が強いのか?

  
でも、まだ疑問は残ります。
 
心が強いから気楽に構えることができてんじゃねーの?
という疑問です。
 
卵とニワトリどっちが先やねん問題ですね。
 
これについては両方正しいというのが誠実な答えです。
つまり、「最初から強い人はたしかにいる」ということ。
 
 
元々強いから気楽でいられてる人もたしかにいる。
(元々強い人がなぜ強いのか?にも理由はありますが話せば長くなるので今回は割愛します。心を強くする役には立たんし。)
 
だけども、それと同時に、気楽さを手に入れることで後天的にメンタルを強くするということも可能なのです。
 
 
僕はたくさんの人が気楽に振る舞えるようになり、強くしなやかなメンタルを獲得する姿を見てきたから断言できます。
 
いまメンタルが弱くても諦める必要は全くありません。
 

“心の強さ=気楽さ”を手に入れる方法とは?

  
それじゃ、気楽さを手に入れることで、後天的にメンタルの強さを獲得するにはどうしたらいいのか?
 
それはずばり、“自分を縛るルール”を緩める練習をすることです。
 
 
人には誰しも、無意識に自分を縛っているルールがあります。
 
初対面の人に馴れ馴れしくするのは良くない、とか
仕事や学校をサボったらあかん、とか
道ゆく人をわけもなくブン殴っちゃダメだ、とか。
 
そういうルールを適度に持っているからこそ、僕ら人間は社会生活が営めるわけですが、これらをあまりに強く持っている自分を縛る力も強くなってしまうのです。
 
つまり、それこそが
気楽ではない状態です。
 
 
素の自分を見せてはダメだ、というルールを持てば
他者とのコミュニケーションが怖くなる。
 
失敗してはダメだ、というルールを持てば、
何かに挑戦することが怖くなる。
 
 
そんな風にしてルールによる縛りが強くなればなるほど、
気楽ではなくなり、メンタルは弱くなるわけです。
 
 
これこそメンタルに悩みを抱えた人の共通点なんですが、みんな自分を縛るルールが厳しすぎるんです。
   
 
だからこそ、メンタルを強くしたいのなら
どんなルールが過剰に働いているのか?を分析し、
それを緩める練習をしていく必要があるのです。
 

「ルールをちょっと破る」という練習

  
それじゃあ、実際にルールを緩めるには何をすればいいのか?
 
「緩めよう緩めよう…ゆるゆる…」
とか唱えても無駄です。笑
 
実際に体験していくしかありません。
(説明すれば長くなるのですが、簡単にいうと、言葉を司る脳領域ルールを司る脳領域が違うというのが理由です。ざっくり。)
 
 
何を体験すればいいのか?
それは「ルールを破ってみたけど大丈夫だった」ということです。
 
自分を縛っているルールを破るのは非常に怖いことです。
だからこそ普段はそういう行為に対しては抵抗感を覚えるように人間はできています。
 
でも、その抵抗感を乗り越えて、あえてやってみたときに、「事前に予測していたほど怖くはなかった」という体験をすることができるのです。(ルールが非現実的なまでに厳しい人ほど、恐れているようなできごとは現実には起きません。)
 
すると、「あれ、別にやっても平気じゃね?」と気付くことができ、次第に怖くなくなる。つまりルールが緩められるわけです。
 
そうして気楽な状態ができあがり、結果的に外からみたときに「メンタルが強い人だなぁ〜」と思われるようになるわけです。
 
 
はい、強いメンタルのできあがり!
こんな感じで緩める練習をしてみてくださいね。 
 

まとめ

  
・メンタルが強い=気楽であるということ
・気楽じゃないのは“自分を縛るルール”が強いから
・ルールを弱めるにはちょっと破ってみるべし
 
 
というわけで今回は以上です!
ありがとうございました!

モチベを上げる方法が学べる
動画講義プレゼント中!


 
< 公式LINE友だち追加で今すぐ受け取る>
友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

 
やらなきゃいけないのにやる気が出ない

頭ではわかっているのに行動できない
 
周りの人はみんながんばってるのに、
どうして自分はこんなにダメなんだろう…
 
 
そんな風に自己嫌悪に陥っていませんか?
 
でも、もう大丈夫!
 
科学に裏付けられた“モチベーション理論”について学べば、あなたがやる気を出せない理由も、行動できるようになる方法もすべて明らかになるんです。
 
これまでに500名以上の方が学んできたやる気復活理論を、あなたも学んでみませんか?
 
 
いま期間限定で、“やる気が出ない3大原因”とその“解決策”について解説した3本の動画講義『やる気復活の授業』無料でプレゼントしています!

 
ぜひモチ研公式LINEを友だち追加して、今すぐ動画を受け取ってください!
 

<公式LINE友だち追加で今すぐ受け取る>
 
友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。