怒られても気にしない人になる方法!最強の「情報処理スキル」とは?

あなたは職場や学校で怒られると
落ち込んだりへこんだりしますか?
  
場合によっては何日経っても気分が戻らず、
「また怒られたらどうしよう・・・」なんて
次の失敗を恐れてしまったりすることもありますよね。
 
 
そんな怒られることによるダメージを軽減するには、
とある心理スキルを意識して取り入れるのが有効です。
 
そこで今回は、怒られても気にしない人になれる最強のメンタルスキルについて解説していきたいと思います。
 

怒られて落ち込む人と落ち込まない人のちがい

  
怒られたときに落ち込む人と落ち込まない人の
いちばん大きな違いは一体何なのか?
 
そう聞かれたら多くの人は「性格」って答えると思うんですが、
実際はちょっとちがいます。
  
  
落ち込む人と落ち込まない人。
 
 
そのいちばんの大きな違いは
“情報処理の仕方”にあるのです。
 

僕らは色眼鏡を通して人生を解釈している

人間は誰しも自分のフィルター(色眼鏡)を通して
現実世界を見るので、
 
 
当然だけどそのフィルターに
どんな色がついているかによって
世界の見え方は変わります
 
 
 
だから例えば、
「自分は価値が低い」という思い込みのフィルターを通して
「友だちからLINEの返信がこない」という事実を見たら
 
 
あぁ、嫌われた!
怒らせたかもしれない!

あんなつまんないこと言わなきゃよかった!
とか思うわけです。
 
 
 
実際にはその友だちただ忙しくて
LINEを見てなかっただけだとしてもね。
 
 
 
でも、「自分には価値がある」というフィルター
を持った人が同じことを経験したら、
 
 
ん、まだ返事こないか。
忙しいのかな?
ま、そのうちくるっしょ
(でも別に来なくてもいっか)
 
くらいに捉えることができる。
 
 
 
 
このように、
フィルターがちがうだけで
「友だちに送ったLINEが返ってこない」
という情報の処理の仕方が大きく変わってくるのです。
 
 
 
 
怒られたときに落ち込むのか、
それとも平気でいられるかというちがいも
これと同じことが原因なんですね。
 
 
つまり

  
 どんなフィルターを通して現実を見るのか?
そしてどのようにその情報を処理するのか?
 
ということが両者のちがいを生み出してるわけです。
 
 
 
ちなみにこのフィルターのことを
心理療法の用語で”中核信念”と言って、
(別に覚えなくていいんだけど)
 
 
これを変えるために世界中で
セラピーとかが行われたりしてるんすよね。
 
 
 
で、実際たくさんの人が
それで心の病気を治してる。
 
 
 
つまり何が言いたいかというと
 
こんなもんは
不変の要素でもなんでもない
ってことなんですよ。

 
 

怒られても動じない人の情報処理の仕方

 
仕事や勉強(テスト)でミスをした。
そして怒られた。
 

という同じできごとを経験したときに

 
  
落ち込むタイプの人は

「なんて自分はダメなんだ…」
というリアクションになる傾向が強いです。
 
 
 
それに対して、
 
落ち込まないタイプの人は
「ま、まだ慣れてないし。笑」
「なるほど、そこが悪かったのね」
「よし、次がんばろ!」などなど
 
 
 
ミス→怒られるというできごとを経験しても、

それを「自分がダメであることの証拠」としては扱わないんですね。
 
 
 
 
あくまで、今後の改善点だったり、
しょうがないこととして捉えてるんです。
 
 
 
これが落ち込む人と落ち込まない人の
“情報処理の仕方のちがい”です。
 
 
 
よーするに落ち込まない人って
受け身を取るのが上手いんですよね。
 
 
 
心がダメージを受けないように

うまく衝撃をいなしてるわけです。
 
 
 
逆に、
 
落ち込むタイプの人ってのはいわば
明らかにいちばんダメージがデカい転び方を
自ら選んでズッコケに行ってる
ようなもんなのです。笑
 

※イメージ
 
 
そら痛てーし落ち込むわって話でw
 
 
じゃあこれを踏まえて、
怒られても落ち込まない人になる方法を説明していきましょう。
 

怒られてもへこまない人になる方法

 
落ち込まない人になるには、
落ち込まない人の情報処理モデルを身につければいい。
 
 
1.失敗した
2.怒られた
 
ときたあとの3番目に、
落ち込まない人がとるリアクションを
意識的にぶっ込んでみる。笑
 
 
 
それを繰り返し練習することで、

今までのへたくそな受け身を改善していくわけです。
 
 
 
例えば、
 
3.あー良いアドバイスもらったわ!
 
とか
 
3.ま、おれ初心者だししゃーない!

 
とか
 
3.上司の教え方も悪かったしおあいこな!な!

 
とかね。笑
 
 
 
 
具体的にはなんでもいいんだけど、

  
「自分は悪くないとしたら」
「それでも自分は無価値じゃないとしたら」
 
っていう前提で、
そういうフィルターを通して、
 
 
 
1.失敗して → 2.怒られた
 
っていう情報を処理してみる。
 
 
 
 
これが当たり前に身に付いてくると、
ちょっとやそっとの失敗くらいじゃ傷つかない
鋼のメンタルができあがるのです。
 
 
 
もちろん、これっていきなりできるようにはなりません。
 
 
だって自分が自然にしている反応とは全くちがう
別の捉え方・考え方人工的に取り入れていくわけですから。
 
 
やっぱり“練習”は必要なんですよ。
 
   
 
 
だけど何度もトライしてみて、
なかなか上手くいかないな〜なんて思いながらもそれでも続けていれば、
 
そのうちにじわ〜っと小さく変化していきます。

それはきっと実感できるはず。

「あれ?そういえば最近怒られてもあんまり傷つかないな」
 
みたいにね。
 
 
 
だから、
 
んなもんできるわけない!
とか言わないでとりあえずやってみてほしい。
 
 
きっと少しずつできるようになるので。
 

まとめ

 
・人間は自分のフィルターを通して現実を見る
・フィルターが変われば”情報処理の仕方”が変わる
・落ち込む人と落ち込まない人のちがいは”情報処理の仕方”にある
・「自分はダメじゃない」フィルターを身につければ落ち込まない人になれる
 
 
というわけで今回は以上です。
ありがとうございました!
 
  
▼メンタルを鍛える方法に関する他の記事も読んでみる
失敗しても傷つかない鋼のメンタルの作り方
ポジティブを目指さない!3ステップでネガティブを治す方法
 
 

<<自信に関する記事一覧はこちらから>>

モチ研公式LINEのご案内【学べるLINE】


 
友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

 

やるべきことができないダメな自分を卒業したい。
本当はもっと全力でがんばれるようになりたい。

いつでも最高のパフォーマンスで仕事や勉強に打ち込みたい。
 
だけど、どうしてもモチベーションがあがらない。。。
  
 
 
そんなあなたのために
LINEやる気に関する講義を行っています。
  
 
これまでに、LINEメンバー限定レポートや
音声コンテンツを通して

・どうすれば行動できるようになるのか?
・やる気を失う心理状態とは?
・「本当にやりたいこと」を見つける方法

・自信とモチベの関係性
・最高のパフォーマンスで働くには?

など、様々な視点で徹底解説してきました。
    
 
一緒にやる気の仕組みをガッツリ学んで

"がんばれる自分"に近づいていきましょう!
  

なお配信済みコンテンツの再送はないので、
ご興味があればお早めにご登録ください^^


↓↓公式LINEへの参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。


 
<公式LINEで配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
LINE登録者限定コンテンツ
(音声や限定コラム、過去の相談アーカイブなどを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(ブログ記事やメンバー限定コラムを通してお答えします!)
(直接の回答はコンサル生のみ)

 

<公式LINEメンバー限定コンテンツ>

 音声コンテンツ
・モチベを維持する"目的とフィードバック"の力
・ぶなが人生でいちばんやる気が出なかったときの話
 
限定コラム
・意志力に頼らずにモチベをあげる方法
・漠然とした不安の正体と解消法について
・「それ本当にやらなきゃいけないの?」
・過去にいただいた相談のアーカイブ
 
 
などなど随時更新中!

 

<ご登録に当たっての注意点>


メンバー数が増えてきた現在、
すべてのご相談を取り上げられるわけではありません。

  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますので
ご遠慮なさらず、ぜひ登録してガンガンご相談ください!
 
※直接の回答はコンサル生のみとさせて頂いております。(2019年10月現在)


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^
 

↓↓公式LINEへの参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください