やる気をコントロールしよう!モチベーションのベクトル理論

どうも、おもちべです。
 
 
やる気が出ないという問題を解決し、
モチベーションをコントロールできるようになるためには
 
  
 
そもそもモチベーションとはどういうものなのか?
ってことを知るのは非常に重要なことだと思います。
 
 
 
何事もそうですが、全体像を知らなければ
問題点のありかも、解決策もわからないわけですから。
 
 
というわけで今回は、
「モチベーションの全体像」についてお話します。
 

モチベーションのベクトル理論

 
僕は、やる気に関する相談に乗るときや、
自分自身のモチベーションを点検するとき、
 
 
“ベクトルの向きと大きさ”
という視点で見ています。
 
 
ベクトルってのはもちろん数学で出てくるあの矢印のことですが、
これに例えるとわかりやすいのです。
 
 
どういうことなのか詳しく説明していきましょう。
(数学が苦手な方、ご安心ください。
僕も苦手なので難しい話は出てきません。できません。)
 
 

ベクトルの向き=心の求める方向性

 
まず、ベクトルの向きについて。
 
これは簡単に言うと、心の求める方向性のことです。
 
 
「自分が(本当は)何をやりたいのか」ということと
「実際に自分がとる行動」の間に差があればあるほど
モチベーションを維持するのがツラくなってきます。
 
 
 
だから例えば、
 
 
「給料が良いから、やりたくもない仕事だけどがんばる」とか
「就活で有利になるから、興味もない資格の勉強をしてみる」みたいに
 
 
“外からの動機づけ”によって、
やりたくもない(=心が求めていない)ことをやっている状態が続くと、
人はやる気を失ってしまうのです。
 
 
 
失ってしまうのですっていうか、
 
 
そーゆーのって、最初からそもそもやる気なんかなかったことを
無理矢理ドーピング的に奮い立たせてやってるだけなんで、
いつかガス欠しちゃうって程度の話だったりするんですが。
 
 
 
それに対して、
“内からの動機づけ”にしたがって行動する場合は、
(つまり、”やりたいからやる”という場合は)
 
 
その行為をすること自体が、
自分の心にとってのご褒美となるので、
やる気が尽きることはないのです。
(もちろんほかのファクターによって萎えることは全然ありますけどね)
 
 
 
例えば、趣味でやってることって
誰からも頼まれなくても、カネにならなくても、どんなに疲れてても、
ついやっちゃうじゃないですか。
 
 
(僕の場合はゲームがそれにあたります。
何の役にも立たないけれど、延々やってしまう…笑)
 
 
 
それってもはや、やる気が出るとか出ないとかを超越してますよね。
ただやりたいから(心が求めているから)やる。
 
 
今日はちょっとやる気出ないからゲームはやめとこう、
とか、ちょっと考えられないじゃないですか。笑
 

それはその行為自体が脳にとっては報酬だからです。
 
 
 
そういった感じで、
心の求めている方向性(=内的な動機づけ)に従って行動する
というのが人間の心にとって最も自然な在り方なんじゃないかと思います。
 
 
 
  
ただまぁ、だからといって、
「好き」を仕事にしよう!とか
嫌なことはやらなくていいんだ!ハッピーハッピー
みたいな主張をするつもりはありません。笑
 
 
 
大切なのは、実生活におけるバランスを取る事です。
 
 
「ちょっと”外からの動機づけ(お金とか)”の方に、行動が寄りすぎてるな」、
と思ったら、”内からの動機づけ(本当にやりたいこと)”を見つめ直してみる。
 
 
「”内からの動機づけ”には完全に従ってるけど、あまりに貧乏すぎて苦しい」
みたいになったら、ちょっとは外的な報酬を手に入れる努力もしてみる。
 
 
そういうバランス感覚が現実的かなと思います。
 
 
 
と、ここまでがベクトルの向きの話です。
 

ベクトルの大きさ=エネルギー

 
ではもう一つのベクトルの大きさとは何なのか?という話ですが、
 
僕はこれを、“脳が使えるエネルギー量”と定義しています。
 
 
グルコースやケトン体などの物質が
脳を実際に動かしているわけですが、
 
これらはいわば心の燃料みたいなもんです。
 
 
 
心が求めている方向と完全に合致した行動をしようとしていても、
エネルギーが足りてなかったらどーしようもないのです。
 
 
やる気なんか出るわけがない。
 
 
 
一流のレーサーに一流の車を与えたとしても、
燃料が入ってなかったら何にもできないのと一緒です。
  
  
  
   
つまり、やる気のベクトル理論をまとめると
 
 
目標(ベクトルの方向)に向かって、
どれだけのエネルギーを使えるのか?
 
 
が大事だっていうことです。
 
 
 

エネルギー不足を解消する方法

 
 
じゃあエネルギーが足りてない場合はどうしたらいいかというと、
普段の生活を見直すことです。
 
 
 
脳のエネルギーっていうのは
意外とフィジカル(身体的)なものなので、
  
 
日常をどのように過ごしているか
ということが色濃く影響してきます。
 
 
 
例えば、
毎日ジャンクフードばかり食べ、ろくに運動もせず、寝るのはいつも深夜2時過ぎで・・・
みたいな生活をしていたら、
 
 
内臓の状態も悪くなるし、
そうなると神経系にも悪影響があるので、
精神状態も概して悪くなります。
(健全な魂は健全な肉体に宿る、とはよく言ったものです。)
 
 
 
肉体はそんなひどい状態なのに、やる気まんまん!
なんて人がいるとしたら、
 
そいつはきっとやばいクスリをやってるに違いない。笑

 

※エネルギーを回復させる睡眠法についてこちらの記事に詳しく書きました。
 

睡眠不足はやる気の大敵!地球人用の正しい睡眠法について

2015.03.10
 

まとめ

このように“ベクトルの向きと大きさ”という観点で
自分の(あるいは他者の)コンディションを点検すると、

どのように現状に対処すべきなのか
ってことが大まかにでもわかるので、ぜひ試してみてください。

ではでは、またまた。

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。
 
現在113人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2018.12.10時点)

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。