心理系の本を読んでも人生は変わらなかったから

こんばんは、ぶなです。
今回はただの独り言です。
 
 
昨日、久しぶりに本屋さんで
「心理」というジャンルの棚の前に張り付いていました。
 
 
かわいいイラストが表紙に書いてあって、
『つらい気持ちになったときに読む本』だとかやわらかいタイトルがついている、
そんな本が並ぶ棚です。
 
(ほんとにこのタイトルの書籍があったらどうしよう。
これからディスるんだけど。笑)
  
 
 
これが本当に数年ぶりの出来事で、
なぜかというと僕はすでに心理系の本に絶望していたから。
 
 
 
「こーゆーの読んでも人生変わらないんだよな」
「だけどいつだってこの棚はなくならない」
「この本棚の前に立つ人に本当に必要なものって何なんだろう」
 
なんてことをぼーっと考えていた。
(著者からしたらかなりイヤなやつです笑)
 
 
 
こういう本を開くとき、
僕はある時期からモヤモヤするようになりました。
 
なぜかというと、
「優しいだけ」の言葉がひたすら並んでいるように感じたから。
 
 
 
「あなたはそのままで充分に価値があるんです」とか
「もっと自分を大事にしましょう」とか言われてもさ、
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
どうしてもそう思えない自分は
どうしたらいいんすか???
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
というモヤモヤ、イラだちが拭えなかった。
  

優しい言葉をかけてくれる本たちは、
自分がそう思うことができない“原因”を教えてくれなかったし、
そう思えるようになる“方法”も教えてくれなかった。
(書いてあったとしても根拠薄弱、あるいは論理が飛躍しているものばかりでした。)
 
 
 
どうすればそうなれるのか?は教えてくれず、
ただただ「そうなりなさい」とだけ言ってくる。
 
そんな優しい言葉たちは、
僕の目にはむしろ“根性論”に見えた。
 
 
だから僕は科学に走りました。
科学者が書いた本を読み、論文を漁りました。
 
 

人生を変えるには科学しかない

 
科学というのは、
人間が「自分の思い込みの枠(つまり主観)」を超えるための、
いうなればひとつの“手段・方法”です。
 
 
そしてその結果導き出されるのが、
 
『Aという原因がBやCという症状を生み、
それがDという現実の結果につながる。』
 
といった理論。
 
 
 
客観性を確保する方法(=科学)によって、
原因と結果のつながり(=理論)を明確にする。
 
だから科学は役に立つんです。
 
 
「科学は万能じゃない」なんてことをいう人もいるけど、
科学を正しく学んでる人なら誰だってそんなことは知ってます。
 
 
常に発展途上。
 
「不完全さを自覚した上で、
完全を目指す過程にい続けること」
が科学の本質ですから。
 
万能じゃないし、完全じゃない。
 
 
 
だけど、いま科学的に明らかになっていることは
いまの人類にとっては最も確からしい(=正しい可能性が高い)のです。
 
そしてそんな科学に基づいた理論を実践する日々のなかで、
僕は少しずつ少しずつ自分の弱点を乗り越えてきました。
 
 

「優しい言葉」だけじゃ足りなかった

 
僕は元々弱い人間です。
 
人生に起こる色々なできごとが怖い。
起こるかもしれない可能性が怖い。
自分の能力にも存在にも自信が持てない。
未来に希望も抱けない。
自分に何か価値のあることなどできるのか?
 
 
そんな思いにまとわりつかれながら生きてきました。
 
 
だけど、今ではこうして
自分の言葉を誰かにむけて発することができる。
 
自分の姿を人前にさらけ出すことができる。
 
誰かの相談に乗って、1ミリかもしれないけど
その人の人生を良くすることに貢献できる。
 
 
僕の人生でいちばん苦しかった頃から10年。
本当にゆっくりだけど、成長してこれた。
 
その土台にあったのは、
目の前の課題に対する(僕自身にできる限りの)客観的な分析。
そしてさらにその正しさを下から支えるのが科学の知識体系でした。
 
 
それを考えるにつけ、思います。
 
僕が変化するには、
優しい言葉だけじゃ足りなかった。
 
 
“科学的に厳密な理解”があったから、
ようやくここまでこれた、と。
 
その思いが今の僕の根っこにあるのです。

 

“弱点を克服するための心理教育”を目指して

 
「僕はコーチでもカウンセラーでもなく、
“心理の授業を教える先生みたいなもの”でありたい。」
 
 
そんなことをずっと以前から言ってます。
 
 
それは、心の科学を学ぶことが
「人生を変えるための突破口になる」と知っているからです。
 
“弱点を克服するための心理教育”を必要としている人が
たくさんいると信じているからです。
  
  
だからこれからもブレずに科学を追求してやろうと思ってる所存です。
この、知れば知るほどおもしろい世界をもっともっと伝えていきたいので。

モチ研公式LINEのご案内【学べるLINE】


 
友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

 

やるべきことができないダメな自分を卒業したい。
本当はもっと全力でがんばれるようになりたい。

いつでも最高のパフォーマンスで仕事や勉強に打ち込みたい。
 
だけど、どうしてもモチベーションがあがらない。。。
  
 
 
そんなあなたのために
LINEやる気に関する講義を行っています。
  
 
これまでに、LINEメンバー限定レポートや
音声コンテンツを通して

・どうすれば行動できるようになるのか?
・やる気を失う心理状態とは?
・「本当にやりたいこと」を見つける方法

・自信とモチベの関係性
・最高のパフォーマンスで働くには?

など、様々な視点で徹底解説してきました。
    
 
一緒にやる気の仕組みをガッツリ学んで

"がんばれる自分"に近づいていきましょう!
  

なお配信済みコンテンツの再送はないので、
ご興味があればお早めにご登録ください^^


↓↓公式LINEへの参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。


 
<公式LINEで配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
(LINEのメンバー限定記事も読めます!)
 
LINE登録者限定コンテンツ
(音声や限定コラム、過去の相談アーカイブなどを配信中!)
 
・講座や個別指導プログラムのご案内

 

<公式LINEメンバー限定コンテンツ>

 音声コンテンツ
・モチベを維持する"目的とフィードバック"の力
・ぶなが人生でいちばんやる気が出なかったときの話
 
限定コラム
・意志力に頼らずにモチベをあげる方法
・漠然とした不安の正体と解消法について
・「それ本当にやらなきゃいけないの?」
・過去にいただいた相談のアーカイブ
 
 
などなど随時更新中!

↓↓公式LINEへの参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。