安心してミスれる環境は行動力を高める

ども、やる気復活アドバイザーぶなです。
 
先日、一緒に仕事をしている盟友の結婚式に参列してきました。
 
 
鎌倉の海を見渡せるシーサイド。
 
雲ひとつないド快晴のなかでの気持ちの良い式で、
最初は新婦のお父さんにもらい泣きしつつお祝いしてたんですが、
 
 
我が友とその奥様が結婚の誓いを立てているときあたりに、
僕はふと我に返ったんです。
 
 
 
「あ、おれこのあとスピーチするんだった」と。笑
 
 
披露宴の始まりのタイミングで、
乾杯の挨拶を頼まれていたのです。
 
 
 
これって自分の土俵で、自分の生徒を相手に、
自分の好きなことをしゃべるのとはやっぱりわけが違いますね。
 
 
知らない人、年上の人がほとんどの会場に向けて
お祝いのスピーチをするとなるとなんやかんやで
常識的な“型”に従わなきゃいけない部分も出てくる。
 
 
「あーこりゃなんか緊張してきたぞ。」
「新婦の名前、呼び間違えたらどうしよう。笑」
「ギャグ言ってスベったら嫌だなぁ。」
「ちょっと当たり障りないバージョンでいこうか。」
 
 
などと、気づけば完全に守りに入っていました。笑
前日まではひと笑いかっさらってやろう、くらいに息巻いていたのに。笑
 
やっぱり根はビビリなんですよねw
 
 
 
そして、いよいよ披露宴。
 
僕が乾杯の挨拶をする前に、
新郎(僕の盟友)からのお出迎えの挨拶が入りました。
 
 
 
 
「えーっとみなさん、今日はお集まり頂きありがとうございます。
お食事とかお酒とか楽しんでください。じゃ!」
 
 
 
適当かよ、おまえ!!!
 
参列者、全員ズッコケてました。笑
 
 
 
緊張して損したわ!!と思いながら、
僕は当初頭の中で用意していたことをフルバージョンでしゃべり、
軽く笑いも(たぶん)取りながら無事スピーチを終えることができました。笑
 
 
 
そんなわけで長い前振りでしたが、ここからが本題。
 
今日のテーマは
「率先してミスるリーダーはフォロワーに何をもたらすのか?」です。
 
 
 

ミスしても大丈夫という安心感

 
あの野郎がてきとーな挨拶をかましてくれたおかげで、
全員からツッコミを入れられていたおかげで僕が得たものは
 
「あぁ、これ別にミスってもいいんだ」という安心感でした。

 
 
“安心してミスれる環境”を作ってくれたわけです。
(別にやつはそれを意図していたわけではないのだけど。笑)
 
 
 
人が何かに挑戦(行動)する上で、
この「失敗しても大丈夫」という安心感はすべての土台になります。
 
 
 
この安心感って人によって強さ弱さはバラバラで、
例えばレペゼン地球というグループのDJ社長という人はめちゃくちゃ強いタイプです。
(簡単に言うと過激派Youtuber。知らない人はこちらの動画をみてください。
 
 
何しろ失敗したらすぐに
「もう一回やっちゃお」って思うらしい。笑
 
 
逆に安心感が弱い人は、
引っ込み思案完璧主義になりがちで
行動力がなくなります。
 
 
 
この元々持ってる「安心感レベル」というのは
人格形成の過程でながーい時間をかけて作られるものなので
まぁ簡単には変わらないわけです。
 
 
 
だけど、そこを補ってくれるのが“環境のちから”なんですよ。
 
 
ミスすることに対して強い不安や恐怖を感じる人であっても、
 
目の前でリーダーがミスり、メンバーがミスり、
それを誰も否定することもなく、何ならみんな笑ってる。
 
 
そんな環境のなかにいたら
「もし自分がミスっても、きっと誰も怒らずに許してくれるだろう」と思える。
 
 
だから環境選びってすごく重要なのです。
 
 
 

失敗への恐怖が強い人は優しい環境で花開く

 
『ランの花仮説』という考え方があります。
 
情報刺激やストレスへの耐性が低い人(=打たれ弱い人)は、
厳しい環境に置かれると才能がつぶれてしまう。
 
 しかし、過度なストレスから守られる環境に置かれれば、
打たれ強い人にはない、特別な能力が花開く。
 
 
これは、丁寧に育てないと簡単に枯れてしまうが、
咲かせる花は非常に美しい“ランの花”と同じだ、という話です。
 
 
もしも自分が“ランの花”タイプだなと思うのであれば、
 
根性論(ちょっと厳しくされたぐらいでへこたれるやつはダメだとか)や
一般常識(社会人なら〇〇はできて当たり前だとか)や
外的な基準(この仕事ならすげー稼げるとか)に流されず、
 
 
「自分が花を咲かせられる環境はどこだろう?」
という視点で自分が生きる環境選びをするといいですよ。
 
 
その一つのヒントとしてリーダーのあり方は良い判断基準になるでしょう。
 
 
自分がミスる姿を平気で見せられる人は、
きっと人のミスにも寛容だろうから。
 

 
 
では今日はこの辺で。
ありがとうございました!

【無料】モチベーション相談室のご案内【プレゼント付】

 
やるべきことができないダメな自分
を卒業したい。
本当はもっと全力でがんばれるようになりたい。

いつでも最高のパフォーマンスで仕事や勉強に打ち込みたい。
 
だけど、どうしてもモチベーションがあがらない。。。
  
 
 
そんなあなたのために
LINE@やる気に関する講義を行っています。
 
      
一緒にやる気の仕組みをガッツリ学んで

"がんばれる自分"に近づいていきましょう!
 
 
 
友だち追加するだけですぐに
メンバー限定コンテンツが見られますし、  

 
ラインで相談を送ればぶながブログやコラムでお答えしますよ!
直接の回答は現在はコンサル生のみ
 
   
なお現在300人のメンバーがこの相談室に集まっています。(2019年10月28日時点)
相談したいことがある方はお早めにご入室ください^^
 

↓↓相談室への参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。


 
<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定コラム、過去の相談アーカイブなどを配信中!)
 
・お悩み相談への回答
(ブログ記事やメンバー限定コラムを通してお答えします!)
(直接の回答はコンサル生のみ)

 

<相談室メンバー限定コンテンツ>

 音声コンテンツ
・モチベを維持する"目的とフィードバック"の力
・ぶなが人生でいちばんやる気が出なかったときの話
 
限定コラム
・意志力に頼らずにモチベをあげる方法
・漠然とした不安の正体と解消法について
・「それ本当にやらなきゃいけないの?」
・過去にいただいた相談のアーカイブ
 
 
などなど随時更新中!
 
実はブログよりも更新頻度高めです。

 

<ご登録に当たっての注意点>


メンバー数が増えてきた現在、
すべてのご相談を取り上げられるわけではありません。

  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますので
ご遠慮なさらず、ぜひ登録してガンガンご相談ください!
 
※直接の回答はコンサル生のみとさせて頂いております。(2019年10月現在)


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^
 

↓↓相談室への参加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

※タップできない場合は
[LINE ID:@zha3921o]
で検索してください。

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザーぶな

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。