やることが多すぎてやる気が出ない人のための思考整理術

ども、ぶなです。
 
やるべきことが多すぎて行動できない。
どこから手を付けていいかわからない。
 
  
そしてそのせいで、

 
 
やらなきゃいけないのはわかってるけど動けない。
 
 
みたいなことってありますよね。
 
 
 
そういうときって、
実際以上にやるべきことの数が多いように感じてしまうもの。
 
 
 
そんなときは
身近にあるとあるアイテムを使って思考を整理すればいいのです。
 
 
 
そのアイテムとはそう、。笑
 
 
 
紙に書き出して思考を”見える化”する
ということには
 
・脳にかかる情報負荷が減る
・思考に必要なエネルギーコストを節約できる
・解決すべき課題が明確になる
・課題解決のための計画を立てやすくなる
 
といったメリットがあるのです。
 
 
 
実際、僕自身もやるべきことが増え過ぎて
 
 
「えー、どれから手つけよう…?」
って萎え気味になったときには
必ず書き出しをするようにしてるんですが、
 
 
 
これだけで気分的なモヤモヤも解消されるし、
次にやるべきタスクが明確になるので集中して取り組めるようになります。
 
 
 
というわけで今回は
思考を整理して、目標を一歩ずつ行動に移していくための
思考の整理術を解説したいと思います。
 
 
 
本編では具体的に
どんな風に紙に書き出せばいいのか?
について解説します!
 

思考を紙に書き出すメリット

 
 
紙に書くだぁ?そんなもん意味あんのか?
って思う人もいると思うので
メリットを先にお話しておきましょう。
 
 
 
思考を整理するときに
なぜ紙に書き出すといいのか?
というと、
 
 
人間の頭脳が一度に保持できる情報量には限界があるからです。
(訓練すれば伸ばすことはできますけどね)
 
 
 
たとえば算数でも3ケタ×3ケタの計算とかって
暗算じゃむずかしいですよね。
 
 
326×789=?
 
なんて問題があったとして
 
 
 
最初のほうは計算できても、
 
途中から「あれ?さっきの数字なんだっけ?」
ってなるじゃないですか。
 
 
計算という技術自体はかんたんでも、
数字の記憶を一度にたくさんは保持できない。
 
 
 
だからケタが増えれば増えるほど、
(計算という作業自体の難易度は変わらないはずなのに)
 
それを暗算でこなすのはむずかしくなっていくわけです。
 
 
 
でも僕らには筆算という必殺ワザがありますね。
 
 
 
筆算をすれば途中式が残っているので、
「途中の数字を覚えておく」という負荷が減る。
 
 
そしたらあとは、
一の位、十の位、百の位
と順番に計算していくだけで答えは出るじゃないですか。
 
 
 
 
つまり筆算というのは、
 
脳が一度に保持できる情報量の限界を超えて
計算を行うために編み出された人類の英知だったわけです。笑
 
 
 

思考の整理も「暗算」でやってはいけない

 
思考を整理するためにタスクを紙に書き出す
ってのも原理的にはこれと同じなんです。
 
 
・「これからやるべきタスク」の記憶を保持しておく

・タスクをこなすために必要なステップやコストを把握する
・「何から取りかかるのか」という計画を立てる
 
  
といった思考内容を暗算でやろうとするから
頭がキャパオーバーになって動けなくなるわけですね。
 
 
 
そこに加えて、
「やらなきゃいけないこと」がどれくらいあるか?
ってことが明確になってないと
 
 
実際以上にタスクがたくさんあるように思えるので
より一層テンションが下がります。笑
 
(それで余計動きたくなくなる、と。笑)
 
 
 
だから「紙に書いて”見える化”する」
ということが大事なんです。
 
 

見える化して思考を整理する方法

 
じゃあ具体的にどうやって紙に書き出せばいいのか
という話に入りましょう。
 
 
 
1.やるべきことを全部書き出す
 
2-1.各項目ごとに必要なステップを細分化する
2-2.各項目に必要なコストも書き出す
 
3.「簡単に処理できる順」でタスクに優先順位をつける
 
 
 
それぞれに補足をくわえていきます。
 

やるべきことを全部書き出す

 
まんまです。ひたすら書き出します。
 
 
これは書かなくてもいいかなぁ?
ってくらい小さくてしょうもないタスクも書いた方が良いです。
 
 
なぜかというとそれを達成したときも
「一個減らしたぜ!」っていうプチ達成感が得られるから。
 
 
 
達成感を得ているとき脳内では
快楽ホルモンのドーパミンが出ていて
 
それが僕らにとっての心理的なご褒美となります。
 
 
 
どうせやるならちょっとでも楽しいほうがいいので、
こういった脳内麻薬もジャブジャブ摂取しながらやりましょう。
(脳内麻薬は合法なので。笑)

 

必要なステップ(とコスト)を書き出す

 
次に、1で出てきた各項目に対して
 
 
どんなステップが必要なのか?
そして
どんなコストが必要なのか?
 
ということを明確にしていきます。
 
 
 
 
例えば、「年賀状を出す」というタスクがあったとして、
(もうとっくに正月終わりましたけど)
 
 
それをクリアするためには、
 
・送る相手を決める
・送る人の住所をリストアップする
・年賀状を買ってくる
・年賀状を書く
・ポストに投函する
 
といったステップがあるわけですよね。
 
 
 
そしてそれに伴ってコストも発生します。
 
・年賀状を買う代金
・買いにいく交通費
・リストアップするエネルギー
・書く内容を考えるエネルギー
 
etc.
 
 
ここではお金とか時間だけでなく
必要なエネルギー(労力)も書きます。
 
(明確に数値化はできませんが、それも立派なコストなので。)
 
 
 
 
こういう風に、
やるべきこと(=タスク)それぞれに対して
必要な手順とコストを明確にします。
 
 
これによってどのタスクがどれだけ大変か?
つまり、やるべきこと各々の難易度が明らかになります。
 
 
そして難易度がわかったら今度はそれを元に
優先順位を決めていきます。

優先順位をつける

 
最後に、ここまでで見える化されてきた情報を元に
実行計画を立てるわけですが、
 
 
そのときポイントになるのが
いちばん実行するのが楽なものから順番にやる
ということ。
 
 
これはなぜかというと、
とりあえずタスクの全体量を減らすためです。
   
 
 
「とりあえず減らす」ってのがかなり大事なポイントです。笑
 
 
重たいタスクを一個ずつ解消するのもいいんですけど、
 
 
それよりは軽いやつからテンポよく
ポンポン減らしてくほうが
 
「前に進んでいる感」が出るし、
達成感も得られやすいので

 
多くの人にとって向いていると僕は思います。
 
 
 
なので、やるべきことが見える化されたら、
かんたんなものからどんどん解消していきましょう。
 

まとめ

 
・やるべきことが多すぎて動けないなら紙に書いて見える化すべし
・書き方1:全部のタスクを書き出す(細かいものまで)
・書き方2:各タスクに伴うステップとコストを書き出す
・書き方3:「かんたんにこなせる順」で優先順位をつける
・タスクの数を減らすことを重視しよう

というわけで今回は以上です。

 
 
なかなか重い腰があがらないという方はぜひ試してみてください。
 
ではでは!
 
 
PS.
今回の内容は僕のLINE@のメンバーさんから
いただいた相談へのアドバイスをアレンジしたものです。
 
 
完全無料でいまなら僕が直接相談に乗っているので、
(人が増えてきたらできなくなるかもしれませんが)
 
ぜひお気軽に友だち追加して話しかけてください^^
  
  
すぐにはお返事できないかもしれませんが、
ちゃんと全部読んでます^^
 
 
↓↓↓友だち追加はこちらから↓↓↓
友だち追加

 
 
▼モチベーションアップする方法をもっと読む▼

【誰でもできる】即効でやる気スイッチを入れる3つの方法【脳科学】 

目標こそ命!モチベーションを高める正しい目標設定の仕方 

やることが多すぎてやる気が出ない人のための思考の整理術 ←いまここ

「やらなきゃいけない」を「やりたい」に変える思考法

「やりたくないけどやらなきゃいけない」への処方箋

ただエネルギー切れてるだけ!やる気が出ない本当の理由

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを予定)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。