【誰でもできる】即効でやる気スイッチを入れる3つの方法【脳科学】

このブログではやる気が出ない原因やら
モチベーションをコントロールするための理論やら
 
いろいろ語っているんですが、
 
 
そんなのはもうええ!
手っ取り早くやる気が出る方法はないんか!と思う人も多いでしょう。
   
   
 
そんな欲張りなあなたのために今回は
いちばん即効でやる気スイッチを押すための方法について
僕の持てる限りの知識と経験から語り尽くそうと思います。
 
 
普段あんまり言わないことを
出血大サービスの特大バーゲンな気持ちで書くんで、
楽しみに読んでくれよな!
 
 
 

脳を制するものはやる気を制する

 
まず基本的なこととして、
 
やる気をコントロールしたいなら、脳をコントロールすべし
と僕は思ってます。
 
 
 
人間、やる気が出ないときっていうのは、
 
広い意味でいうと
「脳のコンディションが悪いとき」
なんですね。
 
 
 
休みたい。
がんばりたくない。
ダラダラしてたい。
ずっと寝てたい。
 
という気持ちになってるということは、
まずぼくら自身の司令塔である脳が
 
 
休もうぜ!
がんばるのやめとこう!
ダラダラするのがベストだって!
とりあえず寝よう!夜まで!
 
とか指令を出してるからなんです。(ざっくり)
 
 
 
僕らは脳の命令には逆らえないから

そんなこと言われたら従うしかない。
 
 
 
そう、仕方なくだらけてるんですよ!ぼくは!!
 
みたいな話なんです。(だめ人間か)
 
 
 
 
でも、そうは言ったって
やらなきゃいけないことはあるから
やる気を出したいと思ってるんですよね?
 
 
 
ならばやることはひとつ、
脳のコンディションを変えることです。
 
 
 
脳のコンディションが変われば、
脳が出す指令が変わる。
 
 
指令が変わればやる気も出るってもんです。
 
じゃあこっから具体的な方法に入っていきましょう!
 
 

全力で寝る(脳をベストな状態にする)

 
まず最初に最も即効性があって、
かつ実感しやすいことから話します。
 
 
それは睡眠です。
 
 
 
当たり前すぎるんですが、
 
きちんと質の高い睡眠をとった日と、
あまり寝られなかった日では
 
やる気も集中力も思考力もまるでちがいます。
 
 
まったく別の人間といってもいいくらい段違いです。
  
 
※右のおじさんと左のおじさんくらいちがう。
 
 
 
 
なぜかそうなるのかというと、
睡眠中に脳は回復活動を行っているからなんですね。
 
 
 
睡眠時に脳内で起きてることっていうのは
デパートの改修工事みたいなもんで
 
 
掃除をしたりゴミ出したり(老廃物の排出
 
古くなった部品を取り除いて
新しいのに取り替えたり(新陳代謝
 
ってことを夜の間に済ませて、
毎朝僕らの脳は新装開店してるわけです。
 
 
 
 
ちゃんと睡眠をとれないと
脳が回復しきらないので、
 
 
最高のパフォーマンスは出せないわ、
「回復してないよ!早く寝なさい!」って指令出してくるわ、で
 
がんばれるわけがないコンディション
になっちゃうわけです。
 
 
 
 
なので、
 
なんか最近やる気出な〜い
 
ってなってる人に関しては
まず睡眠を見直すのが手っ取り早いです。
 
(睡眠を変えるだけならそんなに激しい努力もいらないし。笑)
 
 
 
具体的にどう見直せばいいのか?
質の高い睡眠をとるのはどうしたらいいのか?って話ですが
 
・寝る前に強い光(特にブルーライト)を浴びない
・寝る前に興奮すること(運動やゲームなど)をしない
 
とりあえずこの2点だけ気をつけましょう。
 
 
 
睡眠時間に関しては、
 
最適な長さは本当に人それぞれなので
「○○時間寝ればおっけー!」みたいなことは言えないんですが、

 
 
 
僕の場合は24時までに就寝して7時間以上は寝るようにすると
非常に調子がいい実感があります。
 
 
が、あくまでこれは僕の場合の話なので、
みなさんなりにいろいろなパターンを試して、
 
自分が最高のパフォーマンスを発揮できる眠り方を発見してくださいね。
 
 
睡眠についてはこちらの記事でもう少し詳しく書いたので
よかったら読んでみてください。

睡眠不足はやる気の大敵!地球人用の正しい睡眠法について

2015.03.10
 
 

昼寝でパフォーマンスを高めるのも有効

 
午後のパフォーマンスを高めるために
昼食後に15分〜30分くらいの昼寝をするっていうのもおすすめです。
 
それ以上長くするとそのまま永眠してしまうこともあるので短く収めましょう。笑
(永眠はちがう)
 
 
 
僕自身、昼寝を取り入れて大学受験を乗り切ったし、
 
なんか海外のスゴい音大でスゴい高評価を得ている学生さんほど
昼寝をしている率が高いっていうデータもあるようですし。
(情報あいまいかよ)
 
 
 
これも永眠せずに自分のパフォーマンスがあがる
”ちょうどいい塩梅”というものを
自分を人体実験することで発見してみてください。
 
 
 
ちなみに僕の浪人時代は
食後30分、自習室の机に突っ伏して寝る
っていうのが最高のバランスでしたね。
 
 
ただこれをすると
目覚めてからなぜかゲップが止まらなくなる
っていうデメリットがありましたが。
 
 
昼寝のときの姿勢のせいかな?
 
わかる人いる?
 
 
 
すげーどうでもいい話ですいません。
 
 

軽い運動が脳を活性化する

 
「日常的に運動をいていると健康に良い」
 
っていうことは昔っから当たり前にいわれてきたことですが、
 
 
 
それが実は脳にまで良い影響を及ぼすということが
最近の脳科学では明らかになりすぎて
もはや常識になりつつあります。
 
 
具体的には
・脳細胞の成長を促す(大人にも効果アリ)
・ストレスを軽減する
・集中力を高める
 
などなどエトセトラないいことがあるんですが、
 
 
 
ダイエットのために運動するってことをかんがえると
良い結果が出るまでにはしばらく時間がかかりそうじゃないですか?
 
 
 
しかし、こと脳みそに関しては
運動による良い影響が運動した直後から出ます。
 
 
 
もちろん、脳のスペック自体を向上させるような
大きな変化にはそれなりに長い期間が必要ですが、
 
 
朝、数十分運動するだけでも
その後、数時間にわたって
集中力や思考力が高まるということがわかっています。
 
 
 
なので、
 
ちょっとやる気をブーストしたい!ってときに
 
とりあえず家の近くの公園を走ってくるとか
ビリーズブートキャンプをする(古い)
みたいなことをしてみると
 
 
その後のパフォーマンスが向上していることが実感できると思います。
 
ぜひお試しあれ!
 
 

知的好奇心をくすぐるものをちょっとだけ見る

 
どうしてもやる気が出ない。
なんだか眠くて作業に集中できない。
 
 
そんなとき、
知的好奇心をくすぐるものを少しだけ見るのも有効です。
 
 
 
なぜなら、そういうものを見ると
脳内ではドーパミンというホルモンが出てきて、
 
これが脳を覚醒させるはたらきがあるからです。
 
 
 
 
ただし、これには気をつけるべきことがあって、
気になりすぎてやめられなくなる可能性があるんですよ。
 
 
 
仕事や勉強がんばろうと思って、
脳を覚醒させるためにNetflixでドラマを見始めたら
そのまま没頭してしまって気づいたら夜になってた、
 
とか笑えないですからね。
 
 
 
 
笑えないけど経験あるでしょ?笑
 
 
 
 
それを避けるためにも
時間を決めておく、とか
1話だけ見る、みたいに区切りをあらかじめ決めておくといいでしょう。
 
 
 
この方法は諸刃の剣なので、
自爆しないように気をつけてください!笑
 
 

注意点:根本解決にはならないこともある!

 
ただし、今日話したことには注意点があります。
 
 
それは、
根本解決にはならない可能性があるということ。
 
 
 
「いつもはやる気あるんだけど、
たま〜に、急にやる気出なくなることがある」
 
みたいな人だったらいいんだけど、
 
 
 
慢性的にやる気がない人の場合、
 
 
やる気を失わせる大きな根本原因
を抱えている可能性があるんです。
 
 
 
例えば、
 
・自信が完全に欠如している
・がんばってもどうせ何も変わらないと信じている
・周囲の人間関係が著しく悪い(ex.日常的に人格を否定されている)
・ブラック企業の社畜のため生活リズムがぶっ壊れている
・健康状態が極端に悪い

などなど。
 
 
 
そうなると、
穴の空いたバケツで水をくもうとしているようなもの。
 
まずその穴をふさぐことから始めなきゃいけないんですね。
 
 
 
なので、
今日紹介したような軽いテクニックでは
どうしようもない、全然変わらない
という人は根本原因に目を向けてもいいかもしれません。
 
 

やる気がなくなる原因について
徹底的にまとめた超長い記事があるので
 
よければ記事内の目次から、
興味のあるところだけ読んでみてください。

【まとめ】やる気と努力を継続できない7つの原因【徹底解説】

2017.08.31
 
 
 

まとめ

  • やる気が出ないのは脳のコンディションが悪いから
  • 睡眠の質をあげればがんばれるようになる
  • 昼寝も有効
  • 運動するとその直後から脳の集中力や思考力が増す
  • 知的好奇心をくすぐるものを見てドーパミンを出そう
  • これでだめなら根本原因を探るべき

 
というわけで今回は以上です。
ありがとうございました!
 

▼モチベーションアップする方法をもっと読む▼

【誰でもできる】即効でやる気スイッチを入れる3つの方法【脳科学】 ←いまここ

目標こそ命!モチベーションを高める正しい目標設定の仕方

やることが多すぎてやる気が出ない人のための思考の整理術

「やらなきゃいけない」を「やりたい」に変える思考法

「やりたくないけどやらなきゃいけない」への処方箋

ただエネルギー切れてるだけ!やる気が出ない本当の理由

【無料】モチベーション相談室のご案内【1タップで登録】


ブログ記事で解説したような理論をもとに、
LINE@でモチベーションに関するお悩み相談室をやっています。

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

<LINE@で配信する内容>

・ブログの最新記事をいち早くお届け!
 
・LINE@登録者限定コンテンツ
(音声や限定記事などを予定)
 
・お悩み相談への回答
(個別でお返事するので誰にもバレません)

 

<過去いただいたご相談とそれへの回答例>

 
相談1:仕事から帰宅してから副業をしたいのにどうしてもやる気が起きない
回答→モチベーションアップするための生活リズム改善方法をアドバイス
 
 
相談2:やるべきことが多すぎてどれから手をつけたらいいかわからない
回答→思考を整理する方法について指導(画像つきで)
 
 
相談3:部下やチームメイトのモチベーションをあげるにはどうしたらいいか?
回答→他者のやる気を引き出すコミュニケーションの取り方フィードバックのコツについて
 
などなど。
  
どんなコンテンツを得られるかはあなたの質問次第です。
 

<ご登録に当たっての注意点>


ご相談が殺到している場合、
すべての方に対して直接の返信できなくなる可能性があります。
  
 
ただ、それでもちゃんと読んでますし、
ブログなどのコンテンツを通してお答えすることもあるので
 
遠慮などなさらず、ぜひ登録してガンガンご相談いただければと思います!
 


登録も相談も<完全無料>です。
お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。笑)
 
では、お便りお待ちしてまーす^^

↓↓友だち追加はこちらをタップ↓↓

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

やる気復活アドバイザー<ぶな>

モチベーションの専門家。中高6年間に渡って勉強に対するやる気が起きず、 成績は最底辺を舐め続け、当然のごとく大学受験に失敗。浪人中、ある本との出会いをきっかけにモチベーションが復活し、都内の難関私立大学に合格する。その経験から"やる気"に関する学問に没頭するようになる。現在は心理学や脳科学、精神分析や心理療法の知見を基にした"やる気のトリセツ"を普及すべく、ブログやメルマガで情報発信をしている。